ホンダは鈴鹿サーキット国際レーシングコースで、シビック タイプR リミテッドエディションの最終的な性能評価のための走行テストを行い、FFモデルで最速となる、2分23秒993のラップタイムを記録したと、2020年7月9日に発表した。

サーキット走行性能の追求から最速ラップタイムが生まれた

画像: 鈴鹿サーキット国際レーシングコースに佇む新型シビック タイプR リミテッドエディション。

鈴鹿サーキット国際レーシングコースに佇む新型シビック タイプR リミテッドエディション。

2020年夏に発売を予定していた、ホンダの新型シビック タイプRだが、新型コロナウイルス感染拡大が生産性に影響し、発売を延期すると発表されたのは、以前に当サイトでも紹介したとおり。

そしてホンダでは、新型シビック タイプRの世界限定約1000台(日本では200台)のリミテッドエディションの最終的な性能評価のため、鈴鹿サーキット国際レーシングコースで走行テストを行った。

今回のテストは量産前の最終開発車両で行われた。シビック タイプR リミテッドエディションは軽さと速さを研ぎ澄ませ、サーキット走行性能をさらに追求し、FFモデルの最速ラップタイムとなる2分23秒993を記録した。

ちなみに、それまでの最速ラップタイムは2019年11月にルノー メガーヌR.S.トロフィーRが記録した、2分25秒454だった。

画像: 鈴鹿サーキット国際レーシングコースを疾走する、新型シビック タイプR リミテッドエディション。

鈴鹿サーキット国際レーシングコースを疾走する、新型シビック タイプR リミテッドエディション。

今回の最速ラップタイムを支えた技術には、以下のものが挙げられる。

●リミテッドエディション専用のBBS製20インチ鍛造アルミホイールの採用で、バネ下重量を軽量化
●サーキットパフォーマンスに優れたハイグリップ20インチ専用タイヤのミシュラン パイロットスポーツ Cup2を装着
●アダプティブ ダンパー システムとEPSの専用セッティング

迫真のタイムアタックをinカーで撮影した動画も、ぜひご覧いただきたい。

画像: CIVIC TYPE R Limited Edition 鈴鹿アタック Vol.1 走行テスト 車載動画 youtu.be

CIVIC TYPE R Limited Edition 鈴鹿アタック Vol.1 走行テスト 車載動画

youtu.be

現段階では、新型シビック タイプRとリミテッドエディションの発売時期は未定のままだが、その登場への期待は否応なしに高まる。サーキットはもちろん、公道でもそのパフォーマンスを存分に発揮する姿を早く見たいものだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.