2020年7月8日、アウトモビリ・ランボルギーニからハイブリッド スーパースポーツカー、「ランボルギーニ シアン ロードスター(Sian Roadster)」が世界初公開された。アイコニックなV12エンジンを中心に開発されたハイブリッド オープントップスーパー スポーツは19台限定生産されるが、すでに完売となっているという。

シアン FKP37のオープンバーションで価格は4億円超

「シアン ロードスター」は、2019年のフランクフルト モーターショーでワールドプレミアされた「シアン FKP37」(限定63台生産)のオープントップバージョン。アイコニックなV12エンジンに独自のハイブリッド技術を組み合わせたハイブリッド スーパー スポーツのオープントップモデルだ。

そのハイブリッドシステムはシアン FKP37ゆずりのもので、リチウムイオンバッテリーの10倍の電力を貯蔵するというスーパーキャパシタを採用。最高出力785ps/8500rpmを発生するV型12気筒エンジンと最高出力34psを発生するモーターを組み合わせて、システム全体として最高出力819psを実現。2.0kg/psのパワーウエイトレシオにより、0-100km/h加速2.9秒以下、最高速350km/h以上をとアナウンスされている。

デザインはクーペモデルであるシアン FKP37の近未来的なスタイルを受け継ぎながら、 オープンエアのロードスターらしいピュアさも兼ね揃えたもので、コクピットに大きな開放感をもたらす。

チェントロスティーレ(デザインセンター)とアドペルソナムが連携し、オーナーの好みに合わせた カラーとカスタムで完全にカスタマイズされるのもシアン・ロードスターの特徴。今回発表されたシアン ロードスターは、 チェントロスティーレが特別に選んだブルーウラヌスのボディ カラーに、エレクトリックゴールドのホイール、ホワイト基調のブルーグローコのインテリア、エレクトリックゴールドのアルミ製エアベンを組み合わせて、エレガントな雰囲気を作り上げている。

アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ ドメニカリCEOは シアン ロードスターについて「シアン ロードスターにはランボルギーニのDNAが詰まっています。息をのむデザインと高度な 性能のみならず、未来のテクノロジーも体現しています。その革新的なハイブリッドパワートレーンは、ランボルギーニのスーパースポーツカーの将来的な方向性を先導し、オープントップの シアン ロードスターは、EV化を求める時代に合って、究極のライフスタイルを追求したいという ランボルギーニの思いを改めて主張しています」 とコメントしている。

このシアン ロードスターは19台限定生産されるが、すでに完売となっており、価格は明らかになっていない。ちなみに、「Sian(シアン)」はボローニャ地方の方言で「稲妻の閃光」を意味する。

画像: ドアに設けられた「NACA」吸気口には、ランボルギーニの「Y」デザインを表現する。空気はフロントスプリッターからフロントボンネット、サイド・エア・インテーク、 アウトレットを通り、リアスポイラーの上へと流れる。

ドアに設けられた「NACA」吸気口には、ランボルギーニの「Y」デザインを表現する。空気はフロントスプリッターからフロントボンネット、サイド・エア・インテーク、 アウトレットを通り、リアスポイラーの上へと流れる。

ランボルギーニ シアン ロードスター主要諸元

●全長×全幅×全高:未発表
●ホイールベース:2700mm
●重量:未発表
●パワーユニット種類:60度V12 DOHC+モーター
●排気量:6498cc
●エンジン最高出力:785ps/8500rpm
●エンジン最大トルク:720Nm/6750rpm
●モーター最高出力:34ps
●モーター最大トルク:38Nm
●総合出力:819ps
●トランスミッション:7速AMT
●駆動方式:縦置きミッドシップ4WD
●0-100km/h加速:2.9秒以下
●最高速:350km/h以上
●タイヤサイズ:前255/30ZR20、後355/25ZR2

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.