ブルース・リーに影響を受け、ドニー・イェンのように映画界に入った人、武術を習い始めた人は世界中にどれだけいることでしょう。ここではそんなブルースの“後継者たち”“影響を受けた人たち”の一部を紹介。若い世代にも意外な信奉者がいます!(文・望月美寿/デジタル編集・スクリーン編集部)

実際にブルース・リー作品に出演したこともあるジャッキー・チェンたち

ドニー・イェンのほかにもブルース・リーをリスペクトし、影響を受けたスター、映画人は世界中に数多い。

画像: コミカル路線で人気を得たカンフー・スター、ジャッキー・チェン(「酔拳2」より)

コミカル路線で人気を得たカンフー・スター、ジャッキー・チェン(「酔拳2」より)

まずはジャッキー・チェン。スタントマン時代にブルースに目をかけられ「燃えよドラゴン」「ドラゴン怒りの鉄拳」にスタントマンとして参加。ブルース亡きあとは、ブルースの後継者を捜していた映画会社の抜擢を受け「ドラゴン怒りの鉄拳」の続編となる「レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳」(1976)に主演。だがうまくいかず、その後、自分のキャラを生かした独自のコミカル路線を開拓、世界のジャッキーとして羽ばたいていった。

画像: 「燃えよデブゴン」で人気者になったサモ・ハン

「燃えよデブゴン」で人気者になったサモ・ハン

同じようにブルースに信頼されていたサモ・ハン・キンポー、「死亡遊戯」でブルースのスタンドインをつとめたユン・ピョウもまたジャッキーの仲間であり、ブルースとの出会い、彼がもたらした世界的なクンフーブームによって人生が大きく変わった面々である。

画像: ジャッキーたちの弟的存在だったユン・ピョウ

ジャッキーたちの弟的存在だったユン・ピョウ

香港の鬼才チャウ・シンチーはブルース・リーの熱烈な信奉者として有名だ。「僕にとってブルースはスター以上、クンフーマスター以上の存在。ブルースなくして今の自分はない」と語り、2004年には往年のクンフースターを大集結させ監督・主演した「カンフーハッスル」が大ヒット。同じく監督・主演した「少林サッカー」ではシンチーが見つけてきたブルース似のゴールキーパーが話題をさらった。

画像: 「少林サッカー」などのチャウ・シンチーもブルースの信奉者

「少林サッカー」などのチャウ・シンチーもブルースの信奉者

そのチャン・クォックァンも幼い頃からのブルース・ファンで、あまたいる〝ブルースのそっくりさん俳優〞の中でも抜群のビジュアルを誇り、伝記ドラマ「ブルース・リー伝説」に主演したほか「イップ・マン継承」「イップ・マン完結」では若き日のブルースを堂々と演じている。

画像: 「イップ・マン 完結」でブルースを演じるチャン・クォックァン

「イップ・マン 完結」でブルースを演じるチャン・クォックァン

韓流スターにもブルースの信奉者が少なくない

画像: 「火山高」のチャン・ヒョクもブルースのマニアとして有名

「火山高」のチャン・ヒョクもブルースのマニアとして有名

韓国ではチャン・ヒョクがブルース・マニアとして知られている。長年、道場に通ってジークンドーを習得。ドラマ「推奴チュノ」などで見事なアクションを披露しているほか、演技にもブルースの思想や哲学を取り入れており、ブルースを語り始めたら止まらない。

「マルチュク青春通り」でブルース・マニアの学生を演じたクォン・サンウ

一方、クォン・サンウは「マルチュク青春通り」でブルースに憧れる純粋な高校生を鮮烈に演じて観客の心に爪痕を残した。台湾の国民的歌手ジェイ・チョウは、ブルースの出世作となった「グリーン・ホーネット」のハリウッドリメイク版で主人公のカトーを好演。

画像: 「グリーン・ホーネット」でかつてブルースが演じた役をジェイ・チョウが演じた

「グリーン・ホーネット」でかつてブルースが演じた役をジェイ・チョウが演じた

さらに2003年にはタイからブルース、ジャッキー・チェン、ジェット・リーの映画を見て育った〝ムエタイの神〞トニー・ジャーが「マッハ!」で彗星のように出現。驚異の身体能力でアクション・ファンの度肝を抜いた。

画像: 「マッハ!」のトニー・ジャーはブルースやジャッキーたちの映画を見て育った

「マッハ!」のトニー・ジャーはブルースやジャッキーたちの映画を見て育った

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.