伊藤真一さんがデビュー以来、とても気になっているレブル250。マイナーチェンジでどう変ったか、娘さん用に買おうとしているが、ホントに買っていいものか、などユーザー目線で長距離チェック!
語り:伊藤真一/まとめ:宮﨑健太郎/写真:松川忍/モデル:大関さおり

ホンダ「レブル250」試乗インプレ(伊藤真一)

難しいところもある人気モデルのモデルチェンジ。レブル250は「変えて良くなった」マイナーチェンジの好例!

画像: Honda REBEL 250 総排気量:249cc メーカー希望小売価格:59万9500円(税込) 2020年モデルの発売日:2020年3月19日

Honda REBEL 250

総排気量:249cc
メーカー希望小売価格:59万9500円(税込)
2020年モデルの発売日:2020年3月19日

ブレーキは前後ともに、もうちょっと効力があると良いかなと思いました。ただ車体のディメンション的に、握り込み初期の立ち上がりが強いフロントブレーキだと、ステアリングが切れ込んだりしてしまう…ということで、このくらいの効力になっているのかもしれませんね。

でも、握力の弱い女性ユーザーが選ぶことが多いモデルでもありますから、もう少し効力を上げても良いかな、と思います。

画像1: ホンダ「レブル250」試乗インプレ(伊藤真一)

新しいレブル250に対する総合評価は、「とても良くなった!」ですね。

マイナーチェンジが非常に上手く行った好例だと思います。まずLEDヘッドライトなどの採用で、スタイリングがますます格好良くなったと思います。ヘッドライトを取り付ける位置が低くなって、スタイリング全体のまとまりが良くなった感じがあります。

また前後のキャストホイールやスイングアームの作りにしても、大事なところにちゃんとお金がかかっています。レブルシリーズは世界各国の市場で、比較的安価な価格設定で販売されるモデルですが、廉価版という感じがまったくないのが素晴らしいですね。

画像2: ホンダ「レブル250」試乗インプレ(伊藤真一)

追加された新色のブルーも、実車を改めて良く見るととても良いですね。実は今、私事で恐縮ですが、娘が免許を取ろうとしていて、免許が取れたらレブル250を娘用に買おうかなって思っています。買うなら「Sエディション」にしようかと…。シートとか、デザインがSエディションの方が好みなので。娘の希望…ですか? まぁ自分が独断で決める話なので、仕様とかカラーリングは自分で勝手に選ぼうかと思ってます(笑)。

近年、ホンダの軽二輪クラスには非常に魅力的なモデルが多いですが、今回のテストを終えてレブル250が自分的に一番欲しい250㏄クラスでのナンバー1のモデルになりましたね。

画像3: ホンダ「レブル250」試乗インプレ(伊藤真一)

以前試乗したADV150も非常に気に入ったモデルですが、やっぱりスクーターとしての楽しさ、なんですよね。レブル250は、バイクならではの、バイクに乗っての楽しさがあります。気負うことなく、リラックスしつつ毎日使うことができる、とても良く仕上げられたモデルだと思います。娘用に買ったと言いながら、実際は自分が毎日勝手に乗っているかも知れませんね(笑)。

ホンダ「レブル250」伊藤真一さんの注目ポイント

画像: 「コンベンショナルなヘッドライトを旧型は採用していましたが、新型のLEDヘッドライトはレブル250のスタイリングにとてもマッチしたデザインで、とても良いですね」とは伊藤さんの弁。レブル250の魅力を高めるパーツとして、高く評価していました。

「コンベンショナルなヘッドライトを旧型は採用していましたが、新型のLEDヘッドライトはレブル250のスタイリングにとてもマッチしたデザインで、とても良いですね」とは伊藤さんの弁。レブル250の魅力を高めるパーツとして、高く評価していました。

画像: 「近年、ホンダ車のシートはすごく良くなっていますが、レブル250のシートの出来も、例に漏れずとても良いですね!」と、伊藤さんはそのホールド感と座り心地の良さを絶賛していました。

「近年、ホンダ車のシートはすごく良くなっていますが、レブル250のシートの出来も、例に漏れずとても良いですね!」と、伊藤さんはそのホールド感と座り心地の良さを絶賛していました。

レブル250で改めて考えさせられた、スロットルの「ツキ」の味付けの難しさ

マイナーチェンジされたレブル250に乗って、「おやっ?」と思ったのはスロットルの「ドンツキ」ですね。レブル250は一般の方にはそれほど気にならないレベルながら、ちょっとスロットル操作に対する反応が従来型よりラフな感じがありました。そもそも250ccのシングルなのでトルクが「ドン」と出るのは特性としてありますが、スロットル操作にリニアに反応する方が好ましいですね。

ただ面白いもので、スロットル操作に対する「トン」と押すような反応が、あった方が走りやすいと言うプロライダーもいたりします。前の型のCBR1000RR(SC77)の開発のときも10人中2人ほど、アレがないと"きっかけ"が掴めないという人がいましたね。でもスーパースポーツのCBRの場合、挙動が乱れたり、加速中にスロットル開けるのを一瞬止めてしまうことにつながりますから、あってはいけないものなんです。

画像: レブル250で改めて考えさせられた、スロットルの「ツキ」の味付けの難しさ

もちろん、CBR1000RRとレブル250では絶対的なトルクの差がありますし、レブル250は速さを追求するモデルではありません。新型レブル250はパンチ感を出すためにこういうセッティングにしているのかもしれませんし、開け始めの「ドン」がないとその後のスロットル操作に対する「ツキ」が良くなくなる…というのもあるのかもしれません。

フューエルインジェクションが標準化されてからずいぶん長い時間が経っていますから、セッティングのノウハウはメーカーには多大に蓄積されています。でもスロットル操作に対する反応やフィーリングっていうのは、本当にまとめあげるのが難しいです。レブル250はその点、いろいろ考えて決めたのだろうな、と感じました。

語り:伊藤真一/まとめ:宮﨑健太郎/写真:松川忍/モデル:大関さおり

ホンダ「レブル250」主なスペックと価格

※《 》内はRebel 250 S Edition

全長×全幅×全高2205×820×1090mm
ホイールベース1490mm
最低地上高150mm
シート高690mm
車両重量170kg《171kg》
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量249cc
ボア×ストローク76.0×55.0mm
圧縮比10.7
最高出力19kW(26PS)/9500rpm
最大トルク22N・m(2.2kgf・m)/7750rpm
燃料タンク容量11L
変速機形式6速リターン
キャスター角28.00゜
トレール量110mm
タイヤサイズ(前・後)130/90-16M/C 67H・150/80-16M/C 71H
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格59万9500円《63万8000円》(税込)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.