いま125ccの原付二種モデルが大人気! 誰にでも扱いやすくコンパクトで、維持費や保険もリーズナブル、二段階右折や車検も不要で、クルマと同じ法定速度で乗れる。そんな、最高の相棒になってくれる2020年の最新125モデルを日替わりでご紹介!

SWM「RS 125 R」

画像: SWM「RS 125 R」

RS125R
全長×全幅×全高:2236×815×1230mm
ホイールベース:1465mm
シート高:950mm
車両重量:117kg(乾燥)
車両価格:56万1000円

RS300R譲りの軽量で高剛性なフレームに力強い125cc水冷DOHCシングルを搭載した、軽快な本格オフロードモデルがRS125R。

SWM「SM 125 R」

画像: SWM「SM 125 R」

SM125R
全長×全幅×全高:2106×820×1165mm
ホイールベース:1500mm
シート高:914mm
車両重量:120kg(乾燥)
車両価格:56万1000円

前後17インチホイールにロードタイヤを装着したモタードモデルSM125Rもラインアップ。

<SPECIFICATION>

①水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 ②124.7cc ③58.0×47.2mm ④12.8 ⑤15PS/10500rpm ⑥1.12kg-m/8500rpm ⑦FI ⑧7.2L ⑨ー ⑩ー ⑪6速リターン ⑫ディスク・ディスク ⑬80/90-21・110/80-18(110/70-17・140/70-17) ※( )はSM125R

<カラーバリエーション>

ブラック×イエロー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.