2020年12月11日全国公開となる映画『新解釈・三國志』に出演の新キャスト情報が解禁された。

今からおよそ1800年前、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物「三國志」。『三國志」の中には、魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備玄徳をはじめ、中華統一を目指す、一癖も二癖もある個性豊かな武将が登場し戦うことから、日本でも小説や漫画、そしてゲームなど多くのコンテンツが作られ、親しまれてきた。
この「三國志」を「今日から俺は!!」、TVドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ、映画『銀魂』シリーズを手掛けた福田雄一監督流にアレンジされたのが、本作『新解釈・三國志』。

これまで主演の大泉洋をはじめ以下キャストが発表されている。
大泉洋が演じるのは、「蜀」の武将・劉備(りゅうび)玄徳(げんとく)。
さらに、チーム蜀の諸葛亮孔明をムロツヨシ、関羽を橋本さとし、張飛を高橋努、チーム暴の黄巾を山田孝之、呂布を城田優、董卓を佐藤二朗、周瑜を賀来賢人、孫権を岡田健史と発表されてきた。

今回、新たに発表となったのは、中国四千年の鬼嫁・黄夫人(こうふじん)(橋本環奈)、無垢なる美女・小喬(しょうきょう)(山本美月)。

内助の功で稀代の天才軍師・諸葛亮(ムロツヨシ)を支えた妻・黄夫人を演じるのは、女優・橋本環奈。黄夫人に関する情報の多くは記されておらず、その存在について様々な逸話が語られている。
さらに、三國志の中では姉の大喬とともに、「二喬」と称された美女で周瑜(賀来賢人)の妻・小喬を演じるは、山本美月

追加キャストコメント

橋本環奈 (黄夫人役:こうふじん)
福田監督から三國志やるんだよね〜とお話を伺い私も声を掛けて頂いて、ついに福田組で真面目な顔してカメラ前に写るんだと思っていました。
だからと言ってはなんですが、前日めちゃくちゃ緊張してたのを覚えています。笑
現場に着くやいなや、福田組でのキャストの皆様の思いっきりコメディのお芝居を見て、なるほど、やっぱりこういう事ですね!と安心しました。
笑い上戸の私としてはムロさんと同じシーンが多く、笑ってしまわないか心配で、、、
だって!笑ってもNGじゃなくOKが出されて、実際にそれが使われるんです。笑
なのでドキドキしながらですが、とても楽しく撮影させて頂きました!
やはり安心感のある福田監督の笑い声が現場に響いていて、それにつられて福田組スタッフの皆さんも笑っていて、相変わらず平和で楽しい現場でした!!
その空気がスクリーンを通して皆様に伝わればいいなと思います!
早く安心して皆様が映画館に行ける日がくる事を願ってます。

黄夫人-中国四千年の嫁-

諸葛亮の妻。利発な女性で、内助の功で孔明を支える。史書にその名が残っておらず、その存在については様々な逸話が語られている。という人物として知られているが…。

山本美月 (小喬役:しょうきょう)

久しぶりの福田組!嬉しい!
気付いたら結構お世話になっております。
今回は、ちょこっと参加させてもらってます。
相変わらずのアットホーム感。大好きです。
こんな笑える内容と素晴らしい美術衣装とのギャップが毎度毎度ほんとに最高だと思います。
クオリティの高すぎる衣装を着られる、幸せです。
周瑜様に助けられつつ、楽しくきゃぴきゃぴ演じました。
ただ、本編より本編じゃない方のセリフが信じられないくらいの分量一人語りで泣きたくなりました!!泣かなかったけど!

小喬-無垢なる女-

周瑜の妻。姉の大喬とともに、「二喬」と称された美女。
無邪気で、やや世間知らずの所があり、そのため、戦場でも物怖じしない勇ましさがある。という人物として知られているが…。

メイキング映像

YouTube

youtu.be

映画『新解釈・三國志』

2020年12月11日(金)

■脚本・監督:福田雄一
■配給:東宝
Ⓒ2020「新解釈・三國志」製作委員会 
■公式HP:shinkaishaku-sangokushi.com
■公式Twitter:@new_sangokushi

関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.