月刊カメラマン誌でもフォトコンテストの審査などを担当していただいていた写真家の熊切大輔氏が東京・北青山のNine Galleryで写真展「東京動物園 ナイトサファリ」を開催する。

この写真展は東京という巨大なコンクリートの檻に囲まれて生息する作り物の動物たちを一同に集めた写真展。人を楽しませるために生まれたそのコミカルで、それでいてどこか物悲しい姿。中には街の変化と共に絶滅(撤去)されてしまった動物も多数おり、時代の変化に翻弄される動物たちの物語はその瞬間を訴えかけてくるという。

今回の展示では撮り下ろしの新作を中心に、2017年に開催された「東京動物園 アンリアルな動物たちの生態展」の代表作品を加えて構成している。
「ナイトサファリ」として日が暮れる17時から開催し、薄暗い会場内をペンライトで照らしながら巡る、あたかも「夜の動物園ツアー」のような写真展。※開催時間に注意!

画像1: 展示予定作品より

展示予定作品より

画像2: 展示予定作品より

展示予定作品より

画像3: 展示予定作品より

展示予定作品より

熊切大輔写真展「東京動物園 ナイトサファリ」

■会場:Nine Gallery
■住所:東京都港区北青山 2-10-22( 谷・荒井ビル 1F)
■会期:2020年7月7日(火)~ 19日(日)(期間中無休)
■時間:17:00~21:00(入場受付:20:30まで)
■入場料:500円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.