オリンパスは、マイクロフォーサーズシステムの「M.ZUIKO DIGITAL」レンズの最新ロードマップを公開した。また2019年1月に開発発表を行った「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」の開発情報も更新した。

最新レンズロードマップは2020年7月現在のもので、超広角ズームレンズの「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」を開示。またM.ZUIKO PROのマクロレンズを追加した。

画像: オリンパス、最新レンズロードマップを公開

2019年1月に開発発表し、現在開発中の「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」は、今冬の発売を目指し、現在鋭意開発を進めているという。また、新たに製品の最終外観を公開した。

画像: M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PROの最終外観

M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PROの最終外観

さらに、OLYMPUS OM-D E-M1Xのインテリジェント被写体認識AFに追加する「鳥認識」の開発を進めているとアナウンスがあった。対応ファームウェアは今冬公開を予定しているとう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.