2020年7月3日、いよいよ待ちに待ったF1グランプリがオーストリアで開幕する。新型コロナウイルスの影響で開幕が4カ月近く遅れ、まだ前半戦8戦しか開催が決定していないという暫定的で手探りの状況でのシーズンインとなる。それだけに例年以上に予想が難しい開幕戦ということになる。しかも、いきなり異例の同じサーキットでの連続開催、そして開幕10週で8グランプリを戦うという超過密スケジュール。ここを制した者がチャンピオンに大きく近づくことは間違いない。いったい、どのチームが開幕ダッシュを決めるのか。目の離せないレースとなりそうだ。(タイトル写真は昨年2019年オーストリアGP。レッドブルリンクは起伏の大きなサーキットであることがわかる)

オーストリア、ハンガリーでの開幕3連戦はレッドブル・ホンダに有利!?

2020年のF1開幕戦となるオーストリアGP(正式名称は同じサーキットで行われる第2戦と区別するためオステルライヒGP)は、7月3日11時(日本時間18時)からのフリー走行でいよいよスタートする。舞台はオーストリア・レッドブルリンク。ここで2週連続でバトルを繰り広げ、すぐに翌週にはハンガリーで第3戦を戦う。まずここが2020年のF1シーズンを占う時に大きなポイントとなる。

というのも、チャンピオン候補と言われるレッドブルがオーストリアとハンガリーを得意としているからだ。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは2018年、2019年とオーストリアGPを連勝中で、ハンガリーGPでも昨年2019年にポールポジションを獲得している。ここで序盤3戦を戦うというのは大きな意味がある。

今シーズンを予想するのは簡単ではないが、4カ月の中断期間中テストや開発もストップしていたため、バルセロナでのウインターテストの模様から、チャンピオン争いはメルセデスAMGとレッドブル・ホンダの間で繰り広げられると予想されている。フェラーリは3番手というのが、もっぱらの評価だ。

トップ3以外で面白い存在なのは、トロロッソ・ホンダからチーム名を変えたアルファタウリ・ホンダ。そして、そのライバルになりそうなのが、メルセデスAMGのパワーユニットを搭載するレーシングポイント・メルセデスだ。ともに今シーズン大幅にパフォーマンスアップしているようで、ウインターテストでもそのパフォーマンスの高さを見せつけている。

レッドブルリンクは全長は約4.3kmと短いが、山間部にあって起伏に富んでいるのが特徴。エンジン全開率66%、平均速度は230km/hと高く、ここではエンジンパワーが重要となる。コースはオーストリアの緑あふれるのどかな丘の中にあり、1コーナーから3コーナーまで急な上りが続き、その後はホームストレートまでダウンヒルとなる。また最終コーナーは逆バンク気味となっており、距離の短いコースだが1周をうまくまとめるのは難しい。

標高が高く酸素濃度が低いのもポイントで(しかも高低差が大きい)、エアロダイナミクス、冷却、過給効率が大きな課題となる。さらに、不安定になることが多い天候も気になるところだ。メルセデスAMGは2018年トラブルに見舞われて2台ともリタイア、昨年2019年は熱処理に失敗し2台とも大きく失速している。

画像: オーストリアGPが行われるレッドブルリンクのコースレイアウト。全長は約4.3kmと短いが、トリッキーで1周をうまくまとめるのは難しい。

オーストリアGPが行われるレッドブルリンクのコースレイアウト。全長は約4.3kmと短いが、トリッキーで1周をうまくまとめるのは難しい。

こうして見ると、レッドブル・ホンダが俄然有利に見えるが、メルセデスAMGとて冷却の課題はよくわかってるはずだし、メルセデスAMGの新兵器DASが大きな効果を発揮する可能性もある。DASはコーナリングでトーをコントロールするもので、具体的にはコーナー入り口でタイヤをハの字にすることによりコーナリングスピードを上げ、ストレートで元に戻すことにより最高速を伸ばすというものだ。

もうひとつ気になるのがタイヤ。昨年はスタートで失敗したフェルスタッペンがタイヤ交換を遅らせてレース終盤に猛チャージをかけ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)を逆転しトップでチェッカーを受けている。

画像: オーストリアGPで供給されるタイヤセット。中間の3種類が選択された。今シーズンはスケジュールの混乱もあって、ドライバーによるタイヤ選択は実施されず、すべてのドライバーに同じタイヤが供給される。

オーストリアGPで供給されるタイヤセット。中間の3種類が選択された。今シーズンはスケジュールの混乱もあって、ドライバーによるタイヤ選択は実施されず、すべてのドライバーに同じタイヤが供給される。

F1にタイヤを供給するピレリのマリオ・イソーラF1責任者はオーストリアGPを次のように分析する。「開幕戦オーストリアGPのタイヤは昨年とまったく同じであるため、チームとドライバーが蓄積した経験が重要となるでしょう。タイヤから見れば、コーナーの大部分は右ターンですが、最もタイヤに厳しい2つのコーナーが左ターンというところがポイントです。過去、レッドブルサーキットは、特に暑い気候のときにブリスターの心配もありました。これまではワンストップレースでしたが」ちなみに今シーズンはスケジュールの混乱もあって、ドライバーによるタイヤ選択は実施されず、すべてのドライバーに同じタイヤが供給される。

今年のタイヤがどう機能するのか、気温が上昇した時にどんなパフォーマンスを見せるのか、に注目されるが、このほかにも、当面無観客で開催されることがレースにどんな影響を与えるのかなども気になるところ。2020年F1開幕戦オーストリアGPは、7月3日11時(日本時間18時)からのフリー走行1回目で開幕、予選は7月4日15時(日本時間22時)、決勝は7月5日15時10分(日本時間22時10分)に開始される。

■2020年F1グランプリ スケジュール(2020年6月2日発表)

第1戦 7月3日〜5日 オステルライヒGP(オーストリアGP1) レッドブルリンク
第2戦 7月10日〜12日 シュタイアマルクGP(オーストリアGP2) レッドブルリンク
第3戦 7月17日〜19日 ハンガリーGP ハンガロリンク
第4戦 7月31日〜8月2日 イギリスGP シルバーストン
第5戦 8月7日〜9日 70周年記念GP(イギリスGP2) シルバーストン
第6戦 8月14日〜16日 スペインGP バルセロナ
第7戦 8月28日〜30日 ベルギーGP スパ・フランコルシャン
第8戦 9月4日〜6日 イタリアGP モンツァ

F1チーム マシン ドライバー

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

マシン:メルセデスAMG・F1 W11
エンジン:メルセデスM11
代表:トト・ウォルフ
ドライバー:ルイス・ハミルトン      
      バルテリ・ボッタス

スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ

マシン:フェラーリSF1000
エンジン:フェラーリ065
代表:マティアーノ・ビノット
ドライバー:セバスチャン・ベッテル
      シャルル・ルクレール

アストンマーティン・レッドブル・レーシング

マシン:レッドブルRB16
エンジン:ホンダRA620H
代表:クリチャン・ホーナー
ドライバー:マックス・フェルスタッペン      
      アレクサンダー・アルボン

マクラーレンF1チーム

マシン:マクラーレンMCL35
エンジン:ルノーE-TECH20
代表:ザック・ブラウン
ドライバー:カルロス・サインツ      
      ランド・ノリス

ルノーF1チーム

マシン:ルノーR.S.20
エンジン:ルノーE-TECH20
代表:シリル・アビテブール
ドライバー :ダニエル・リカル      
      エステバン・オコン

スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ

マシン:アルファタウリAT01
エンジン:ホンダRA620H
代表:フランツ・トスト
ドライバー :ダニール・クビアト
       ピエール・ガスリー

BWT・レーシングポイント・F1チーム

マシン:レーシングポイント
RP20エンジン:メルセデスM11
代表:オトマー・サフナウアー
ドライバー :セルジオ・ぺレス 
      ランス・ストロー

アルファロメオ・レーシング・オーレイン

マシン:アルファロメオC39
エンジン:フェラーリ065
代表:フレデリック・ヴァスール
ドライバー :キミ・ライコネン
      アントニオ・ジョビナッツィ

ハースF1チーム

マシン:ハースVF-20
エンジン:フェラーリ065
代表:ギャンター・シュタイナー
ドライバー:ロマン・グロージャン
      ケビン・マグヌッセン

ロキット・ウィリアムズ・レーシング

マシン:ウィリアムズ
FW43エンジン:メルセデスM11
代表:フランク・ウィリアムズ
ドライバー:ジョージ・ラッセル
      ニコラス・ラティフィ

2019年F1第9戦 オーストリアGP決勝 結果(参考)

優勝 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) 71周
2位16 C.ルクレール(フェラーリ)+2.724s
3位77 V.ボッタス(メルセデスAMG)+18.960s
4位5 S.ヴェッテル(フェラーリ)+19.610s
5位44 L.ハミルトン(メルセデスAMG)+22.805s
6位 4 L.ノリス(マクラーレン・ルノー)+1周
7位 10 P.ガスリー (レッドブル・ホンダ)+1周
8位 55 C.サインツ(マクラーレン・ルノー)+1周
9位 7 K.ライコネン(アルファロメオ)+1周
10位 99 A.ジョビナッツィ(アルファロメオ)+1周

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.