2020年7月2日、プジョーブランドの人気モデル「208」がフルモデルチェンジして日本に上陸した。ガソリンエンジン搭載モデルに加えて、100%モーター駆動のモデルが「e-208」として登場したことにも注目が集まっている。

新しいBセグメントのスタンダードとなるか

画像: 従来型よりロー&ワイドになった、新型プジョー208。

従来型よりロー&ワイドになった、新型プジョー208。

208としては2代目となる新型プジョー 208は、PSAグループの新しいアーキテクチャーCMP(コモン モジュラー プラットフォーム)をベースに開発された新世代のBセグメント ハッチバック。最大の特徴は電動化への対応で、床面へのバッテリー搭載を想定した設計により、同じボディとプラットフォームを使った100%電気自動車の「e-208」も同時にリリースすることに成功している。もはやEVは特別な存在ではなく、ユーザーがガソリン、ディーゼル、モーターなど、さまざまなパワートレーンを選ぶ時代が来ることを示している。

新型208の日本仕様はガソリンエンジン車とEVの2つのパワートレーンで登場しているが、ガソリンエンジンはPureTech 3気筒1.2Lターボエンジンの進化型。最高出力100ps、最大トルク205Nmを発揮し、GPF(ガソリン・パーティクル・フィルター)を装着して排ガスのクリーン化とともにJC08モード燃費をで約7%改善している。19.5km/LというJC08モードでの燃費は、新しいプラットフォームによる軽量化や電子制御8速AT(EAT8)の効果も大きそうだ。

画像: リアコンビランプのデザインはヘッドランプと合わせた「ライオンの三本爪」がモチーフ。

リアコンビランプのデザインはヘッドランプと合わせた「ライオンの三本爪」がモチーフ。

一方、100%電動パワートレーンのe-208は、最高出力136ps(100kW)/最大トルク260Nmの電気モーターと50kwhのバッテリーを搭載。自然吸気ガソリンエンジンで2.6L相当の最大トルク260Nmの発進時から発生させるヴィヴィッドな走りを実現している。最大走行距離は欧州WLTPモードで340km。シティコミューターとしてのランニングコスト、運転のしやすさ、コンパクトさを考慮して、この容量としている。

ボディサイズは現行モデルに比べ、全長で+120mm、全幅で+5mm、全高で−25mmと、より「低く、よりワイドに」なっている。なお、ボディサイズが大きくなり装備が充実したにもかかわらず、車重はほぼ同等で、最小回転半径も5.4mで現行モデルと同じ値になっている。

画像: e-208はグリルがボディ同色となるなど、外観はICE(内燃機関)版と少し異なる。

e-208はグリルがボディ同色となるなど、外観はICE(内燃機関)版と少し異なる。

■新型プジョー208 アリュール

全長:4095mm
全幅:1745mm
全高: 1445mm
ホイールベース :2540mm
車両重量 :1160kg
荷室容量(VDA): 265L

■新型プジョー208 GT Line

全長: 4095mm
全幅:1745mm
全高: 1465mm
ホイールベース :2540mm
車両重量 :1170kg
荷室容量(VDA):265L

画像: インテリアでは、「3D i-コクピット」と呼ばれるインターフェイスが注目される。

インテリアでは、「3D i-コクピット」と呼ばれるインターフェイスが注目される。

エクステリアデザインはプジョーらしい凝縮感のあるもので、低く、ワイドで伸びやかな新世代のボディラインは、すっきりとして張りのある面がスポーティネスを感じさせるものとなっている。

インテリアデザインではプジョーの「i-Cockpit」思想を進化させた3次元表示の「3D i-Cockpit」が注目される。小径&異型ステアリングホイールの上方からメーターを視認する独特のインターフェイスをさらに押し進め、液晶メーターパネルに透明なパネルをもう1枚組み合わせて、そこに投影情報を重ねることで3D的に表示としているのが大きな特徴。ADAS(先進運転支援システム)やインフォテインメント、オーディオなど、多様化する情報を効果的に表示する画期的なアイデアだ。これは新たなスタンダードとなるかもしれない。なお、センターコンソール上部にも7インチのスクリーンが配置される。

シートは、208 GT Lineにホールド性の高いダイナミックシートを装備。シート素材にアルカンタラ&テップレザーを採用している。208 アリュールには長時間ドライブでも疲れにくいコンフォートシートを設定。こちらはファブリック&テップレザーとしている。また、208 GT Lineにはパノラミックガラスルーフがオプション設定されている。

画像: GT ラインのシートと、オプションのパノラミックガラスルーフ。

GT ラインのシートと、オプションのパノラミックガラスルーフ。

先進運転支援機能(ADAS)についても、Bセグメントの常識を書き換える内容となっている。アクティブセーフティブレーキ、レーンポジショニングアシスト、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターシステム、インテリジェントハイビーム、トラフィックサインインフォメーション、バックソナー/ワイドバックアイカメラ、フロントソナー/サイドソナーなど、フラッグシップ508に肉薄する内容で、しかも基本機能は全グレードに標準搭載されている。

ボディカラーは、ヴァーティゴ・ブルー、ファロ・イエロー 、エリクサー・レッド、ペルラ・ネラ・ブラック、 パール・ホワイト、 ビアンカ・ホワイト(スタイルにのみ設定)の全6色展開。3コートのヴァーティゴ・ブルー、メタリックのファロ・イエロー、カラードトップコートのエリクサー・レッドの3色は新色となる。ラインアップと車両価格は次のとおり。詳細な日本仕様のスペックはまだ発表されていない。

■新型プジョー208/e-208 ラインアップと車両価格(税込)

208 スタイル:239万9000円
208 アリュール:259万9000円
208 GT Line :293万円
e-208 アリュール:389万9000円
e-208 GT Line :423万円

新型プジョー208のデビューにあたり、プジョーのジャン-フィリップ・アンパラトCEOは次のように語っている。

「冷静さと目的意識をもって、わたしたちのブランドの偉大な物語は、さらに進んでいきます。プレゼントを選ぶかのように、新型プジョー208のトリムレベルとパワーソースを自由に選んでください。その自由さも含めてN新型プジョー208をお楽しみください!」

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.