2007年11月誕生したモーターマガジンMovie(チャンネル登録者数12万8000人超)。数々の話題の新車を紹介して来ましたが、ここではその中からトピックメーカーとなった動画を順次紹介して行きます。今回は、名車復活で話題を呼んだアルピーヌA110の登場です。(2017年9月ブランニュー)

名車の伝統を受け継ぐミッドシップ・ライトウェイトスポーツ

1970年台、多くのスポーツカーファンの心をときめかした伝説のフレンチスポーツ「アルピーヌA110」。その名車が復活し、2017年9月より日本での発売が開始されました。

当時は走りを楽しむ「ピュア」と豪華装備の「リネージ」の2グレード(直4DOHC1.8Lターボ/252ps/7速DCT)でしたが、2019年11月により走行性能を高めた「S」(直4DOHC1.8Lターボ/292ps/7速DCT)が追加設定されています。

この動画は、発売早々にモータージャーナリストの岡本幸一郎さんが「ピュア」を一般道/ワインディング/サーキットで試乗を行ったもので、ミッドシップ・ライトウェイトスポーツならではの軽快な走りを思う存分楽しんでいます。

なお、アルピーヌA110はWeb モーターマガジン【ニューモデル写真蔵】(https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17214328)でディテールの紹介を行っています。併せてご覧ください。

画像1: 名車の伝統を受け継ぐミッドシップ・ライトウェイトスポーツ
画像2: 名車の伝統を受け継ぐミッドシップ・ライトウェイトスポーツ
画像3: 名車の伝統を受け継ぐミッドシップ・ライトウェイトスポーツ
画像4: 名車の伝統を受け継ぐミッドシップ・ライトウェイトスポーツ
画像5: 名車の伝統を受け継ぐミッドシップ・ライトウェイトスポーツ
画像: アルピーヌA110 フレンチ・スポーツを岡本幸一郎がインプレッション youtu.be

アルピーヌA110 フレンチ・スポーツを岡本幸一郎がインプレッション

youtu.be

■アルピーヌA110ピュア 主要諸元

●全長×全幅×全高=4205×1800×1250mm
●ホイールベース=2420mm
●車両重量=1110kg
●エンジン=直4DOHCターボ
●総排気量=1798cc
●最高出力=252ps/6000rpm
●最大トルク=320Nm/2000rpm
●駆動方式=MR
●トランスミッション=7速DCT
●車両価格(税込)=804万6000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.