新型コロナウイルス感染拡大防止対策により公開が延期となっていた、映画『グランド・ジャーニー』の公開日が2020年7月23日(木・祝)に決定。各界から本作への絶賛コメントが続々到着した。
画像: 『グランド・ジャーニー』予告編7月23日(木・祝) 新宿バルト9ほか全国ロードショー www.youtube.com

『グランド・ジャーニー』予告編7月23日(木・祝) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

www.youtube.com

「君たちの翼は、決して奪わせない」

映画『WATARIDORI』(03)の制作にも関わった活動家クリスチャン・ムレクの実話をベースに創作された本作は、、絶滅危惧種の渡り鳥を救うため、ノルウェーからフランスまで超軽量飛行機を使って安全な渡りのルートを飛行するという驚くべき挑戦に挑む父と子の奇跡の旅を描いている。

フランス公開の際は環境問題に熱心な国民にも熱を持って受け入れられ、名だたる大作を抑え 2019 年のフランス国内映画興行収入 TOP10 入りを記録、フランス全土に爽やかな旋風を巻き起こした。

そんな本作に動物写真家の岩合光昭やSKE48の高柳明音といった著名人から絶賛コメントが続々到着した。コメントは以下の通り。

<到着コメント> (50音順・敬称略)

天達武史(とくダネ!気象キャスター)
少年の勇気ある行動が貴重な鳥達を助け、人々を笑顔にさせていく。
風を読んで飛ぶ姿は爽快感たっぷりで癒される。
雷雲の中を通過するシーンは迫力があってドキドキした。

鮎川陽子(モデル、画家)
愛らしい鳥たちと一緒に空を飛ぶなんて夢みたい!
奇跡のような世界に胸がいっぱいになりました

井上浩輝(写真家)
わくわくが続くストーリーに笑顔になりました。
野生のキタキツネを撮ることが多い僕にとって通底することがいっぱいです。

岩合光昭(動物写真家)
鳥の羽ばたきは力強く美しい。
信じるという情熱を持ったとき、人もまた美しい。
今、冒険を恐れる君に観てほしい。

加藤登紀子(歌手)
空を飛ぶ鳥たちのひたむきな姿に、生きる美しさが溢れている!
見終わってしばらく泣きました。
たくさんの子供たちに、本当は少年のままの大人たちに、観てほしい。

高柳明音(SKE48)
主人公のトマの鳥への愛に泣ける。初めて雛鳥たちを呼びながら川を泳ぐ(進む)
姿はグッときますし飛行のシーンは感動的でとても美しいです。
いつか別れるとわかっていても鳥たちを愛する姿に心が苦しくもなりますが
【君たちの翼は、決して奪わせない】
私もこの言葉を胸に自然界の鳥たちになにをしてあげられるのか考えたいと思いま
した。

筒井隆司(WWFジャパン 事務局長)
ペットの動物と人の友情は、人間同士の友情に勝るとも劣らない尊い絆です。
それは野生生物とも育むことは出来るのでしょうか? 不可能かと思われたこの
夢に、ひとりの少年が挑みました。美しい欧州の大自然と共に、その挑戦を見守
って下さい

出口翔太(福井市自然史博物館)
渡り鳥たちが見ている世界、そして渡りの彼らが直面する数々の試練。
少年とガンたちとの大冒険を通して、渡り鳥の壮大な旅の様子が手に取るように分
かりました!
僕も鳥たちと一緒に大空を飛んでみたい!!

前川貴行(動物写真家)
自然を愛する気持ちと、ほんの少しの勇気があれば、地球はもっと素敵な星にな
る。渡り鳥の雁と人が心をかよわせるこの物語は、僕たち人間に想像を超えた奇跡
が起こせることを教えてくれる。

南谷真鈴(世界最年少探検家グランドスラム記録保持者)
課題解決をするときの姿勢を考えさせられる。
愛と勇気を持って応援するのか、実際に挑戦してみるのか、どちらもあなた次第。
スクリーンを通して自然の尊さに触れ、心揺さぶられます

山形豪(野生動物写真家)
自然との絆、家族の愛、これからの時代に益々大切になるであろうそんなテーマを見
事に描いた素晴らしい作品だ

横井謙一(日本国際湿地保全連合 所長)
素晴らしい湿地の風景に魅了され、
国境に関係なく大空を渡る鳥たちの自由さにロマンを感じ、
トマの勇気と行動力に胸が熱くなる。
自然の雄大さと人々の愛情が心躍らせる爽やかな映画です。

グランド・ジャーニー
2020年7月23日(木・祝) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
配給:クロックワークス
©2019 SND, tous droits réservés.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.