月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』が気になるニューアイテムを紹介します!

ノーブレスト「ZハイプレッシャーオイルポンプKITYRPレーシングタイプ」

’90年代からのカスタムブームで、アイデアが光るパーツの製造販売で知られたYRPレーシング。中でもZ用トロコイド式オイルポンプはマニアに知られた名品だった。ただ、残念にも山幡代表の逝去で同店は閉店して、オイルポンプ供給も休止。その実用新案の使用許可を遺族に得て、ACサンクチュアリーの母体・ノーブレストが改良復刻したのが“ZハイプレッシャーオイルポンプKIT YRPレーシングタイプ”なのだ。

Z用純正品がギヤ式であるのに対し、大容量ローターを使用して約5倍の高い油圧を確保。効率よいオイル循環を実現して冷却性強化はもとより、カムシャフトやメタル、タペット等の摺動負担を軽減するほか、いざという時には分解整備も可能。

同品は2019年秋のテイスト・オブ・ツクバに出場した、サンクチュアリーZレーサー3号機でも先行使用テストを重ねてあり、その耐久性も折り紙付きだ。Zユーザーには願ってもないニュースだろう。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

画像: 自動車メーカー純正品というトロコイドポンプは、ノーブレストの計測で純正品比約5倍という油圧を実現。エンジン内パーツの摺動摩耗低減、チューニングエンジンや大型オイルクーラー装着車での油圧不足対策に有効だ。

自動車メーカー純正品というトロコイドポンプは、ノーブレストの計測で純正品比約5倍という油圧を実現。エンジン内パーツの摺動摩耗低減、チューニングエンジンや大型オイルクーラー装着車での油圧不足対策に有効だ。

画像: 本体は2ピース構造で、すべてのパーツがリペア可能。本体合わせ面のオイル通路には高機能素材のバイトン製Oリングを使用して、シール安全性を確保する。

本体は2ピース構造で、すべてのパーツがリペア可能。本体合わせ面のオイル通路には高機能素材のバイトン製Oリングを使用して、シール安全性を確保する。

画像: 専用ポンプギヤは機械構造用炭素鋼を熱処理済み。高強度・高尽力を実現。ギヤピンも大型のφ4㎜(Z1100GP以降純正対策ピンと同サイズ)を採用。

専用ポンプギヤは機械構造用炭素鋼を熱処理済み。高強度・高尽力を実現。ギヤピンも大型のφ4㎜(Z1100GP以降純正対策ピンと同サイズ)を採用。

画像: 下側のオイルストレーナー部もオイルラインに異物を進入させない最新仕様。ここも分解可能で、長期使用後のクリーニングも簡単に行うことが出来る。

下側のオイルストレーナー部もオイルラインに異物を進入させない最新仕様。ここも分解可能で、長期使用後のクリーニングも簡単に行うことが出来る。

SPECIFICATION

メーカーノーブレスト
製品名ZハイプレッシャーオイルポンプKIT YRPレーシングタイプ
対応車種Z系各車
前期:ポンプギヤピンが未対策のφ3㎜仕様 Z1/Z2、KZ900/1000、Z1000Mk.ll、Z1000J/R、Z1000LTD
後期:Z1100R/GP、GPz1100
価格前期用:7万5000円+税(ポンプギヤ付きキット)/後期用:6万8000円+税(純正ギヤ使用)

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.