街乗り速度域から撥水効果を発揮する「シールド専用撥水剤 レインバースト」

雨のライディングといえば真っ先にタイヤのグリップ低下を想像するが、それ以上に厄介なのが視界の悪化。シールドやゴーグルに付着した水滴は手で拭うしかないが、視界不良+片手離し運転はリスキーだ。

SOFT99 レインバースト

容量:70ml/税込価格:2,178円(公式オンラインショップ調べ)

そこで試したのがメンテナンス用各種ケミカルの一大ブランド、ソフト99から今年3月に発売されたシールド専用撥水剤。同社の撥水剤としては「ガラコ」が有名だが、これは商品名が示すようにガラス用。対して「レインバースト」はポリカーボネート製シールドやオートバイのスクリーン用に開発されている。ガラス用撥水剤の中にはプラスチック素材に攻撃性のある溶剤を含むものがあるが、これなら安心して使える。

施工はシールドに直接スプレーし、ティッシュペーパーで塗り広げてから拭き取るだけ。シールドが乾いた状態でも濡れた状態でも使えるが、試してみると乾いた状態で施工した方が撥水性も効果持続性も高かった。外したシールドを中性洗剤で丸洗いして汚れと油分を落とし、しっかり乾燥させてからの施工がベストだ。

写真では撥水の様子が判らないが、街乗り速度(ライディングポジションの影響を受ける、およそ30km/h以上)でも面白いように雨滴を弾き、高速道路ではシールド全面がクリアなままで前走車の水ハネも付着しない。雨の日のライディングを安全、快適にしてくれる優れたケミカルだ。

画像: 向かって左が施工面。水滴が圧倒的に小さくなり、弱い風圧でも飛んでいく。シールド表面の微細な凹凸を埋める効果もある。

向かって左が施工面。水滴が圧倒的に小さくなり、弱い風圧でも飛んでいく。シールド表面の微細な凹凸を埋める効果もある。

シールドから約5cm離し、右から左まで約1秒でサッとスプレー。少し乾かしてから拭き取れば施工終了だ。

画像: フッと軽く息を吹きかけるだけで水滴が飛んでクリアな視界に。シールド内側やチタンコートされたミラーシールドには使用不可。

フッと軽く息を吹きかけるだけで水滴が飛んでクリアな視界に。シールド内側やチタンコートされたミラーシールドには使用不可。

テスター太田安治の欲張りリクエスト
 
スプレーしてから塗り広げ、乾いたティッシュで拭き取るだけと手軽に施工できて効果も納得。1本の容量はシールド60枚分なので1枚あたりの施工費は36円。個人的には高いと思わないけど、容器が小さいので割高に感じるかも。

文:太田安治/写真:南 孝幸/モデル:平嶋夏海

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.