2009年に誕生して以来、たちまちスーパーカーの世界に確固たる地位を築き上げたマクラーレン オートモーティブ。その魅力はどこにあるのか。今回の特別企画「Super Car File」ではMotor Magazineの新刊ムック「ザ・スーパーカー ファイル ドットネクスト」(6月17日発売)から、いま注目の“超俊足&超高級車”を紹介しているが、その第14回はマクラーレンの主力モデル「720S クーペ/スパイダー」を取りあげたい。

圧倒的な高性能を誇るスーパーシリーズの主力

マクラーレン オートモーティブのスーパースポーツカーは、アルティメットシリーズ/スーパーシリーズ/スポーツシリーズという3つのファミリーで構成されているが、アルティメットシリーズに次ぐハイパフォーマンスを誇るスーパーシリーズの主力モデルとなるのが、「マクラーレン720S」とそのオープンボディの「マクラーレン720Sスパイダー」だ。

それまでのスーパーシリーズとは異なる、一新された第2世代のデザインとともにデビューした「マクラーレン720S」は、エアロダイナミクスを限界まで突き詰めた軽量ボディに、最高出力720psを誇るV8ツインターボエンジンと7速DCTを組み合わせたミッドシップのスーパースポーツモデルで、そのV8ツインターボエンジンは従来の650Sが搭載していた3.8Lから4Lに拡大され、最高出力は720psに引き上げられている。

また、スポーツハンドリングをより楽しめるVDC(バリアブルドリフトコントロール)を装備し、さらにダイナミクスを進化させているのも注目点だ。

「マクラーレン720Sスパイダー」はクーペとほぼ変わらない車重を実現して登場。そのリトラクタブルハードトップは50km/hまでなら走行中でも開閉可能で、開閉に必要な時間はわずか11秒。全方位に開けた素晴らしい視界とともに、極めて快適なドライビングパフォーマンスを満喫できる。

画像: 圧倒的な高性能を誇るスーパーシリーズの主力

マクラーレン 720S

■2017年3月7日:720S発表、2019年1月28日:720Sスパイダー発表
■車両価格:3530万円 (720S)、3930万円(720Sスパイダー)

マクラーレン 720S スパイダー 主要諸元

●全長:4544mm
●全幅:2059mm
●全高:1194mm
●ホイールベース:2670mm
●車両重量:1332kg
●駆動方式:MR
●エンジン:4L V8 DOHC ツインターボ
●最高出力:720ps/7500rpm
●最大トルク:770Nm/5500rpm
●トランスミッション:7速DCT
●0→100km/h加速:2.9秒
●0→200km/h加速:7.9秒
●最高速:341km/h
●WLTP燃費:8.2km/L

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.