この夏、東京都心に最新大型シネコンがオープンする。2020年7月3日(金)開館するTOHOシネマズ池袋は、音響に拘りぬいた極上のサウンド・シアターだ。池袋といえば劇場都市“Hareza池袋”が今話題。中池袋公園を八つの劇場が取り囲むように構成された、東京の最も新しい名所に、このTOHOシネマズ池袋も進出。これからの新しい文化の発信地になることは間違いない。

“Hareza池袋”とは?

画像: “Hareza池袋”とは?

“Hareza池袋”とは、街全体が一つの劇場となり、アートとカルチャー、都市と世界、現在と未来がクロスする、世界のどこにもない特別な場所というコンセプトで、東京豊島区池袋にこの7月グランド・オープン(一部開業済み)を迎える新複合商業施設。

画像: TOHOシネマズ池袋外観。ハレザタワーの2~6階に10スクリーン、約1700席でオープン。さらに劇場への玄関口となるシネマプラザは階段状の半屋外劇場空間。イベントなどが開催できる。

TOHOシネマズ池袋外観。ハレザタワーの2~6階に10スクリーン、約1700席でオープン。さらに劇場への玄関口となるシネマプラザは階段状の半屋外劇場空間。イベントなどが開催できる。

TOHOシネマズ池袋のほか、ライブ劇場harevutai、歌舞伎やミュージカルも対応できるBrilliaHall、ドワンゴのハレスタなど、8つの劇場が一体となった劇場都市の誕生は未来の東京の形を予感させる。

東京新名所の最新劇場でゴージャスな映画体験を

TOHOシネマズ池袋の大きな特徴は、先述したように極上のサウンド体験。最先端の音響技術を、計10スクリーンそれぞれの特徴に合わせて設置している。2番シアターには、TOHOシネマズ初となる体感型サウンド・シアターを実現。

画像: TOHOシネマズ独自のプレミアシート。高級感あふれるレザーシートが長時間の鑑賞のストレスを感じさせない。荷物を置けるスペースやドリンクホルダーのついた肘掛などでセミプライベート空間を演出。

TOHOシネマズ独自のプレミアシート。高級感あふれるレザーシートが長時間の鑑賞のストレスを感じさせない。荷物を置けるスペースやドリンクホルダーのついた肘掛などでセミプライベート空間を演出。

さらに6番、10番シアターではスクリーン、サウンド、シートの3つの要素を兼ね備えたプレミアムシアターを導入。独自規格のラージスクリーン“TCX”、セミプライベート感がうれしいプレミアボックスシート、プレミアムサウンドとして、ステージスピーカーに“カスタム4wayハイコアキシャル”を採用。

10番ではDolby Atmosを日本初のカスタムスピーカーで展開し、6番には“3wayコアキシャルサラウンド”を導入。いずれも最上級の鑑賞環境が提供されるほか、どのスクリーンにおいても拘りの音響環境が徹底されている。

画像: ロビーも広々として清潔感あり。ここで販売されている様々なフード、ドリンクも充実していて、映画鑑賞のお供にしたい!

ロビーも広々として清潔感あり。ここで販売されている様々なフード、ドリンクも充実していて、映画鑑賞のお供にしたい!

もちろん上映作品はハリウッド大作から邦画、アート系作品、そしてアニメの聖地・池袋ならではのアニメ作品などバラエティーに富んだラインナップ。さらにコンサートや演劇、スポーツ・ライブビューイングなど映画に限らないコンテンツも上映されるという。この夏はぜひ東京新名所の最新劇場でゴージャスな映画体験を楽しみたい!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.