ロールスロイスが開発した超高級SUV「カリナン」はスーパーカーの世界でも特別な存在。あらゆる路面を苦もなく突き進む走破性、独特の浮遊感はほかでは味わえないものだ。今回の特別企画「Super Car File」では、Motor Magazineの新刊ムック「ザ・スーパーカー ファイル ドットネクスト」(6月17日発売)から、いま注目の“超俊足&超高級車”を紹介しているが、その第10回は「ロールスロイス カリナン」だ。

オフロードでの走りも期待以上、魔法の絨毯の異名は健在

フラッグシップのファントムと共通のアーキテクチャーを使用した自身初のSUVがカリナンである。

同社が4WDを作るのもこれが初めてなら、テールゲートを備えたクルマも初めてだが、基本的な成り立ちはロールスロイスそのもの。全長5.3mの立派なボディや6.75L V12ツインターボエンジンもファントム譲りだ。

内外装の豪華なデザインもまさしくロールスらしい。オンロードでの乗り心地はファントムに共通するもので、優しいふんわりとした手応えの中にどこか引き締まったものを感じさせる、「魔法の絨毯」はここでも健在である。

オフロード性能も期待以上で、フラットダートでは4輪ドリフトまで楽しめる。まさにロールスらしい驚きに満ちたSUVだ。

2019年11月に登場したブラックバッジは、自身の常識を打ち破り、さらなる個性を追求する特別なユーザーに向けて開発したモデルで、現在はこのカリナンのほかにレイス、ゴースト、ドーンにも用意される。ダーククロームを使用したディテールなど、随所にダークさが表現されているのが特徴だ。

画像: カリナン。SUVのハイパフォーマンス化が進むが、その中でも別格というべき存在。

カリナン。SUVのハイパフォーマンス化が進むが、その中でも別格というべき存在。

ロールスロイス カリナン

■2018年6月11日:発表、2019年11月13日:ブラックバッジ追加
■車両価格帯:3920万円(カリナン)〜 4530万円(カリナン ブラックバッジ)

ロールスロイス カリナン 主要諸元

●全長:5340mm
●全幅:2000mm
●全高:1835mm
●ホイールベース:3295mm
●車両重量:2750kg
●駆動方式:4WD
●エンジン:6.75L V12 DOHC ツインターボ
●最高出力:571ps/5000rpm
●最大トルク:850Nm/1600rpm
●トランスミッション:8速AT
●0→100km/h加速:5.2秒
●0→200km/h加速:−
●最高速:250km/h(リミッター)
●WLTP燃費:6.2km/L

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.