ケンコー・トキナーは、トキナーの一眼レフ用超広角ズームレンズ「atx-i 11-20mm F2.8 CF」を2020年7月10日より発売する。価格は7万3,000円(税別)。

トキナー atx-i 11-20mm F2.8 CFは従来モデルのAT-X 11-20 PRO DXの光学系はそのままに、最新のDSLRにマッチする、トキナーの新世代最高級レンズ「opera」と同じコンセプトの新デザインを採用したレンズ。フォーカスリング・ズームリングのゴムパターンも、最新のトレンドに合ったデザインとし、さらに価格も抑えたモデル。イメージサークルはAPS-C用。

焦点距離は11-20mm(35mm判換算約16〜30mm、ニコン用)。レンズ構成は12群14枚で、トキナー独自のP-MO非球面レンズを前群に、ガラスモールド非球面レンズを後群に配置し、 歪曲収差他、各収差を理想的に補正。 さらに3枚のSDガラス(FK01を2枚、FK03を1枚) 採用。色収差の除去を図っている。レンズ前面にはWRコート(撥水性・撥油性に優れたコート)を施し、水滴のみならず指紋や皮脂汚れも簡単にふき取ることができる。

フォーカスリングはAF時は回転せず、フォーカスリングを手前に引くだけでマニュアルフォーカスに切り替えできる、トキナー伝統のワンタッチフォーカスクラッチシステムを採用。 マニュアルフォーカスに設定するとMF専用レンズのような操作感のフォーカスリングに変化する。フォーカスリングの回転方向はニコン・キヤノンの純正レンズと合わせ、違和感のない操作性を実現している。

また、日々進化するデジタル一眼レフカメラに対応するため、新たなソフトウェアを搭載。 ニコンF用はニコンマウントアダプターFTZの使用でZ 50に、キヤノンEF用はキヤノンマウントアダプターEF-EOS-Mの使用でEF-Mマウントのミラーレスカメラに対応できる。

atx-i 11-20mm F2.8 CF ニコン用

atx-i 11-20mm F2.8 CF キヤノン用

トキナーatx-i 11-20mm F2.8 CF

・焦点距離:11〜20mm
・フォーマット:APS-C
・最小絞り:F22
・レンズ構成:12群14枚
・コーティング:マルチコーティング
・画角:104°~72°
・フィルターサイズ:82mm
・最短撮影距離:28cm
・マクロ最大倍率:1:8.62
・フォーカス方式:インナーフォーカス
・絞り羽根枚数:9枚
・対応マウント:ニコンマウント(APS-C)、キヤノンマウント(APS-C)
・最大径:89.0mm
・全長:91.8mm(ニコン用)、94.3mm(キヤノン用)
・重さ:555g(ニコン用)、570g(キヤノン用)
・価格:7万3000円(税別)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.