2020年6月8日、トヨタのクロスオーバーSUVであるRAV4にPHV(プラグインハイブリッド車)が追加された。そのディテールを写真で紹介しよう。

PHVならではの走りの楽しさに、優れた環境性能も両立

2019年5月に現行の5代目にフルモデルチェンジされたRAV4は、トヨタのクロスオーバーSUVだ。ラインアップにはハイブリッドも設定されていたが、今回プラグインハイブリッド車が追加設定された。

ハイブリッド仕様をベースに、フロントモーターとインバーターを高出力化し、大容量・高出力の新型リチウムイオンバッテリーと組み合わせ、システム最高出力は225kW(306ps)を達成。0→100km/h加速は6.0秒を実現している。駆動方式は、電気式4WDのE-Fourのみ。しかも、満充電状態ならEVのみで95kmの走行が可能で、ハイブリッド燃費はWLTCモードで22.2km/Lを達成している。

エクステリアでは、フロントグリルとロアモール、そしてLEDデイライトといった専用パーツが、PHVとしての個性を際立たせ、スポーティな表情を演出している。新意匠の19インチ アルミホイールも専用アイテムだ。

インテリアはブラックで統一され、表皮に合成皮革を採用したスポーティシートも全車に標準装備。9インチのディスプレイオーディオや快適温熱シート(前席)、トヨタセーフティセンスなど、安全&快適装備も充実している。(写真:伊藤嘉啓)

RAV4 PHV ブラックトーン 主要諸元

●全長×全幅×全高:4600×1855×1695mm
●ホイールベース:2690mm
●重量:1920kg
●パワーユニット種類:直4 DOHC+モーター×2
●排気量:2487cc
●エンジン最高出力:130kW<177ps>/6000rpm
●エンジン最大トルク:219Nm<22.3kgm>/3600rpm
●モーター最高出力:134kW<182ps>+40kW<54ps>
●モーター最大トルク:270Nm<27.5kgm>+121Nm<12.3kgm>
●システム最高出力:225kW<306ps>
●トランスミッション:電気式無段変速機
●WLTCモード燃費:22.2km/L
●タイヤサイズ:235/55R19
●税込み車両価格:539万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.