希少なZ1R-Ⅱがベースゆえの配慮を行った

RCM=リアル・コンプリート・マシンと呼ばれるオーダーカスタムコンプリートを手がけるACサンクチュアリー。そのグループ店として15年の活動歴を持つ、サンクチュアリーKOUGAによるZ1R-Ⅱだ。ただこの車両、他のZ系RCMとは少し異なる作りとなっている。

画像1: 希少なZ1R-Ⅱがベースゆえの配慮を行った

「元々は17インチホイール、セパハン仕様のRCMを持っている方がZ1R-Ⅱの中古を手に入れていじり進めた車両でした。前後18インチ、黒でまとめてちょっとワルっぽいイメージ。それでちょっと変わってるというのは、フレームがノーマルで作った点なんですよ。

Ⅱ型のZ1-Rは少ないですし、オリジナル状態の車両もなかなか見ない。なので思い切ってノーマルフレームで行ってみようって作ったんです。フレーム№の入ったステッカーも残ってるくらいです。リヤサスはレイダウンしてますが、それにも溶接や加工でなく、初めてPMCのブラケットを使ったというくらい。ですがそれ以外の部分はきっちり作ってありますし、ノーマルに戻そうと思えば戻る。ステップアップしようと思えばそれもOK。そんな仕上がりにしています」と、代表の立入さんは話してくれる。

画像2: 希少なZ1R-Ⅱがベースゆえの配慮を行った

その他の仕様はエンジンがノーマル0.5mmオーバーサイズピストンでオーバーホール/フルリビルドしての1030ccにしてから走行3000km、キャブレターは当初のCRに換えてTMR-MJNのφ38mm。クラッチも油圧作動化した上でブレンボRCSマスターを、またノーマルのスプロケットカバー内部にはKOUGAオリジナルの強化ミッションカバーも隠されている。

さらにフロントフォークはノーマルφ36mmながら新品インナーチューブを用意した上でDLCコーティング。動きは良くなるし、ブレーキの構成も含めてかなり贅沢な仕様です、とも立入さんは言う。

じつはこの車両、乗る機会があまりないとの理由で立入さんがお店で買い取り、販売車になった(その後成約済み)。ただ、かかった手間や費用、内容。それに今後を考えても、魅力的な1台と言えそうだ。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

Detailed Description 詳細説明

画像1: Detailed Description 詳細説明
画像: メーターまわりはZ1R-Ⅱのノーマルをリフレッシュ。ステアリングステムもノーマル50mmオフセットで、前後18インチにも適合する。ちなみにZ1R-Ⅱのノーマルは1.85-19/2.15-18ホイールだが、他のZ系の60mmでなく50mmオフセットを採用していたのだ。左右マスターはラジアルポンプのブレンボRCSだ。

メーターまわりはZ1R-Ⅱのノーマルをリフレッシュ。ステアリングステムもノーマル50mmオフセットで、前後18インチにも適合する。ちなみにZ1R-Ⅱのノーマルは1.85-19/2.15-18ホイールだが、他のZ系の60mmでなく50mmオフセットを採用していたのだ。左右マスターはラジアルポンプのブレンボRCSだ。

画像: 20L容量の燃料タンクほか、外装類はZ1R-Ⅱのノーマルをリフレッシュした上でブラックアウト。シートもリフレッシュされた。

20L容量の燃料タンクほか、外装類はZ1R-Ⅱのノーマルをリフレッシュした上でブラックアウト。シートもリフレッシュされた。

画像2: Detailed Description 詳細説明
画像: エンジンは0.5mmオーバーサイズのφ70.5mmピストンを使って、純正の1015ccから1030ccにスープアップ。バルブも純正流用でオーバーサイズ化されているという。キャブレターは当初はCRスペシャルを装着、現在はTMRφ40mm-MJNに変更。4インチ13段のオイルクーラーを追加して、ブラックアウトしてある。

エンジンは0.5mmオーバーサイズのφ70.5mmピストンを使って、純正の1015ccから1030ccにスープアップ。バルブも純正流用でオーバーサイズ化されているという。キャブレターは当初はCRスペシャルを装着、現在はTMRφ40mm-MJNに変更。4インチ13段のオイルクーラーを追加して、ブラックアウトしてある。

画像: フレームはZ1R-Ⅱのノーマルのまま。もちろん、ベースの状態確認はしていて良好と確認済みで、18インチ仕様ならそのまま十分使えるという判断もされてのこと。逆に言えばここからノーマルに戻して楽しむ、あるいはさらにカスタム化を進めるにも問題はないということだ。

フレームはZ1R-Ⅱのノーマルのまま。もちろん、ベースの状態確認はしていて良好と確認済みで、18インチ仕様ならそのまま十分使えるという判断もされてのこと。逆に言えばここからノーマルに戻して楽しむ、あるいはさらにカスタム化を進めるにも問題はないということだ。

画像: 作動にも気を遣った足まわり。フロントフォークはφ36mmのノーマルをベースにインナーチューブは新品+DLCコーティング、アウターはパウダーコート処理して上質な作動を得た。ホイールはKZ900ハブ+ステンレススポーク+アルミリム。前後ホイールのサイズは2.50-18/4.50-18だ。

作動にも気を遣った足まわり。フロントフォークはφ36mmのノーマルをベースにインナーチューブは新品+DLCコーティング、アウターはパウダーコート処理して上質な作動を得た。ホイールはKZ900ハブ+ステンレススポーク+アルミリム。前後ホイールのサイズは2.50-18/4.50-18だ。

画像3: Detailed Description 詳細説明
画像: スイングアームはノーマルのスチール丸パイプで、リヤブレーキはCP2696キャリパー+サンスター・ネオクラシックφ320mmディスクの組み合わせ。4本出しの排気系も車体同様にブラックアウト。ヨシムラ×ドレミコレクションの“ストリート4”を装着した(ノーマルは左右2本出し)。

スイングアームはノーマルのスチール丸パイプで、リヤブレーキはCP2696キャリパー+サンスター・ネオクラシックφ320mmディスクの組み合わせ。4本出しの排気系も車体同様にブラックアウト。ヨシムラ×ドレミコレクションの“ストリート4”を装着した(ノーマルは左右2本出し)。

取材協力:サンクチュアリーKOUGA

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.