ビギナーからベテランライダーまで対応! 誰もが楽しく上手くなれるスクール

STECの愛称で親しまれている三重県の「鈴鹿サーキット 交通教育センター」でライディングスクールが6月から再開されました!

画像: 2020年2月にはオートバイ女子部の大関さおりさんも参加。

2020年2月にはオートバイ女子部の大関さおりさんも参加。

毎年2月の開催を皮切りに、年間を通して行なわれているSTECのスクールは、2020年は新型コロナの影響により3月~5月まで休業していました。現在、6月以降の新たなスケジュールが発表されています。

モータースポーツの聖地・鈴鹿サーキットの敷地内にあるSTECは、いわばライディングスクール・ドライビングスクールの聖地。1964年に開業し、現在まで企業向けの運転レッスン、そして一般向けのレッスンが日々行なわれています。

画像: トレーニング車両一例(ホンダ CB400SUPER FOUR)トレーニング車両は年式の新しい現行モデルばかり!

トレーニング車両一例(ホンダ CB400SUPER FOUR)トレーニング車両は年式の新しい現行モデルばかり!

トレーニングに使う車両は、基本的に現地でレンタル。ヘルメットやプロテクターなど装具も揃っています。インストラクターは、みなさん専業の「教えるプロ」。クローズドコースで安全が保たれた環境で、確実に上達できるスクールです。

画像: ビギナーからベテランライダーまで対応! 誰もが楽しく上手くなれるスクール

クラスは初心者向けのものから、スキルアップを目指すベテランライダー向けのものまで細分化されており、あらゆるレベルのライダーに対応しています。

また、現在では新型コロナ対策として、定員6名の少人数制のプログラムも用意されました。個別指導の時間が増えるのとともに、走れる時間も増えます。期間限定の特別プログラムとなるため、本気で上達したいと思っている方にはチャンスです!

まとめ:西野鉄兵/写真:柴田直行/モデル:大関さおり

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.