2020年6月16日、アウディA1スポーツバックに1L直3ターボエンジン(1.0 TFSI)を搭載した「A1スポーツバック 25 TFSI」が設定された。このモデルは同日アウディ正規ディーラーで販売が開始される。

高い実用性と魅力的な価格を実現

アウディA1スポーツバックは全長約4mのコンパクトなボディに、上級モデル譲りの機能や運転支援システム、上質な仕立て、高い運動性能を備え、プレミアムモデルのコンパクト化の急先鋒として人気の高いモデル。

2019年11月に第2世代へとフルモデルチェンジして以来、さらに人気を加速させているが、まずは1.5L直4ターボエンジン(1.5 TFSI)を搭載した「35 TFSI 」から発売が開始されていた。ただこのフルモデルチェンジ時にすでにより効率的なエントリーモデルの追加がアナウンスされて、その登場が待たれていた。

今回登場した、1L直3ターボエンジン(1.0 TFSI)を搭載する「25 TFSI」がそのモデルで、さらに効率のよいパワートレーンの採用により、高い実用性と魅力的な価格が実現されることになる。

1L直3ターボエンジン(1.0 TFSI)は最高出力95ps、最大トルク175Nmを発揮、トランスミッションは高効率な乾式7速Sトロニック、駆動方式はFF。なおこの1L直3ターボエンジンは2015年に導入された先代モデルのユニットよりも最大トルクで15Nmアップしている。

ラインアップは、25 TFSI :294万円、25 TFSI advanced:325万円、25 TFSI S line:351万円の3モデル。これによりA1スポーツバックは、既存の1.5TFSIモデル 35 TFSI advanced:365万円、35 TFSI S line:391万円とあわせて、294万円から391万円という充実した車種構成となる。

画像: アウディA1スポーツバックに追加設定された「25TFSI」。1L直3ターボエンジンを搭載。写真は欧州仕様。

アウディA1スポーツバックに追加設定された「25TFSI」。1L直3ターボエンジンを搭載。写真は欧州仕様。

アウディA1スポーツバック 25 TFSI 主要諸元

●全長×全幅×全高:4040×1740×1435mm
●ホイールベース:2560mm
●エンジン:直3DOHC
●排気量:999cc
●最高出力:95ps/5000-5500rpm
●最大トルク:175Nm/2000-3500rpm
●トランスミッション:7速DCT Sトロニック
●駆動方式:FF
●車両価格:294万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.