2020年10月9〜11日に鈴鹿サーキットで予定されていた「F1日本グランプリ」の開催を中止すると、株式会社モビリティランドが発表した。(写真は2019年のF1日本グランプリ)

ヨーロッパでの8戦は開催予定

日本のモータースポーツシーンにおいて秋の恒例行事となっていた「F1日本グランプリ」だが、主催者であるモビリティランドは「国内外の新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、また現段階で海外からの渡航に関する規制解除の見通しが立っていない状況」を鑑みて、開催中止の判断に至ったという。

モビリティランドの田中薫社長は「ご来場を楽しみにされていたファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、ご理解くださいますようお願いいたします。2021年の日本グランプリをより一層お楽しみいただけるよう、準備を進めてまいります」と語っている。

2020年のF1グランプリについては6月2日にヨーロッパに限った開催スケジュールが下記のように発表されている。ヨーロッパ以外の開催については難しくなってきたようだ。

■2020年F1グランプリ スケジュール(2020年6月2日発表)
第1戦 7月3~5日 オステルライヒGP(オーストリア) レッドブルリンク
第2戦 7月10~12日 シュタイアマルクGP(オーストリア) レッドブルリンク
第3戦 7月17~19日 ハンガリーGP ハンガロリンク
第4戦 7月31日~8月2日 イギリスGP シルバーストン
第5戦 8月7~9日 70周年記念GP(イギリス) シルバーストン
第6戦 8月14~16日 スペインGP バルセロナ
第7戦 8月28~30日 ベルギーGP スパ・フランコルシャン
第8戦 9月4~6日 イタリアGP モンツァ

画像: 2019年のF1日本グランプリはメルセデスAMGのボッタスが優勝を飾っている。

2019年のF1日本グランプリはメルセデスAMGのボッタスが優勝を飾っている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.