いま125ccの原付二種モデルが大人気! 誰にでも扱いやすくコンパクトで、維持費や保険もリーズナブル、二段階右折や車検も不要で、クルマと同じ法定速度で乗れる。そんな、最高の相棒になってくれる2020年の最新125モデルを日替わりでご紹介!

PEUGEOT「CITYSTAR 125 RS ABS」

画像: PEUGEOT「CITYSTAR 125 RS ABS」

全長×全幅×全高:1985×750×1300mm
ホイールベース:1430mm
シート高:795mm
車両重量:150kg(乾燥)
車両価格:54万8900円

シティスター125シリーズのスポーティバージョンがRS。

最高出力14.4PSというパワフルなPowerMotion125エンジンに加えて、ニッシンと提携して開発されたABSと前後連動ブレーキ・SBCを連携させたブレーキシステムで、正確・安全なライディングが可能。

スモークスクリーン、チタンカラーにブラックアウトされたリム、フォークの組み合わせで、ルックスも精悍な雰囲気にまとめられている。

<SPECIFICATION>

①水冷4ストOHC2バルブ単気筒 ②124.7cc ③57×48.9mm ④ー⑤14.4PS/9000rpm ⑥1.2kg-m/7000rpm ⑦フューエルインジェクション ⑧9L ⑨ー ⑩ー ⑪Vベルト式無段変速 ⑫ディスク・ディスク⑬120/70-13・130/60-13

<カラーバリエーション>

チタニウム

最新の125ccバイクを徹底網羅! 今買える原付二種MOOKはこちら

価格は本体1,200円+税
オンライン書店でもお買い求めいただけます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.