2020年6月12日、ポルシェジャパンはラージサイズSUVのカイエンとカイエンクーペに、新たなグレード「カイエンGTS(PORSCHE Cayenne GTS)」を追加して発売した。車両価格は1682万円〜1752万円となる。

車高を20mmローダウンし、ダイナミックダンパーコントロールを装備

ポルシェのフラグシップSUVとして2017年に3代目へとフルモデルチェンジしたカイエン、そしてこれをベースにクーペフォルムを手に入れたカイエンクーペに、もっともスポーツ性の高いグレード「GTS」が追加された。

従来モデルのGTSに採用されていた3.6L V6ツインターボからエンジンを大型化して、4L V8ツインターボに変更。パワーも20ps/20Nmずつ向上して460ps/620Nmを発生する。気筒数が増えたこと、そして高周波チューニングされたスポーツエグゾーストシステムによって、官能的なエンジン音と排気音を楽しむことができるという。

画像: 写真はカイエン GTSクーペ。センター寄りに2本出しされたテールパイプのレイアウトはクーペ専用。カイエンGTSはサイド寄りの4本出しとなる。

写真はカイエン GTSクーペ。センター寄りに2本出しされたテールパイプのレイアウトはクーペ専用。カイエンGTSはサイド寄りの4本出しとなる。

このエンジン、フラグシップのカイエン ターボ(550ps/770Nm)のために開発されたものをベースとしており加速性能では譲るものの、専用にセッティングされた足まわりやシャシなどにより、カイエンシリーズのなかでもっともスポーツ性能の高いグレードに仕上がっているという。

そのハイパフォーマンスを支えるシステムのひとつが、車高を20mm低く構えるスチールスプリングサスペンション。かなりスポーティなプログラムを与えられた連続可変制御のポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)を組み合わせることによって、ダイナミクス性能を高められている。しかも、電子制御で左右輪の駆動トルク配分をコントロールして旋回性能を高めるポルシェトルクベクトリングプラス(PTV Plus)も標準装備する。

このほかにも21インチアルミホイール、ねずみ鋳鉄製の大径ブレーキディスク(前390×38mm・後358×28mm)と赤のカラーリングの施されたブレーキキャリパーなど、スポーツ色を強調するパーツを標準装着する。オプションとしてポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)や、車高をさらに10mmローダウンする3チャンバーエアサスペンションなども用意される。

画像: カイエン クーペは2019年4月に日本でも発売されたクロスオーバーSUV。今回、GTSが追加された。

カイエン クーペは2019年4月に日本でも発売されたクロスオーバーSUV。今回、GTSが追加された。

デザイン面では、スポーツデザインパッケージに加えてフロントエアインテークやサイドウインドウモール、テールパイプ、リアのエンブレムなどすべてブラックで統一され、GTSの個性を演出するアクセントとなっている。インテリアではルーフライニングやシートセンターの生地、センターアームレスト、ドアトリムなどにダークカラーのアルカンターラ、ブラッシュ仕上げのアルミパーツを各部に採用してスポーティさとエレガントさを演出。また標準装備の8ウェイスポーツシートはGTSのために専用設計されたもので、ドライバーの体をしっかりとサポートする。

そのほか、他国市場でオプション扱いとなっているアダプティブクルーズコントロールやレーンチェンジアシスト、サラウンドビュー付パークアシストなど、先進の運転支援システムを日本仕様では標準としている。

初代から続くGTSグレードはさらに運動性能を強化され、フラグシップグレード「ターボ」とは方向性の異なるハイパフォーマンスを楽しませてくれそうである。

ポルシェ カイエン GTS 車両価格

カイエンGTS(8速AT/右ハンドル):1682万円
カイエンGTSクーペ(8速AT/右ハンドル):1752万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.