『孤独な惑星』の筒井武文監督が、 愛する者の抱えた秘密を題材に、現代のテヘランを舞台に作り上げた 日本・イラン合作 映画『ホテルニュームーン』が2020年9月18日(金)より公開決定。あわせて本ビジュアルが解禁された。
画像: 永瀬正敏出演の日本・イラン合作映画が9/18(金)公開決定

静かなスリルとサスペンスに満ちた、母と娘の愛の物語

「現在のイランで生きる若者たちの物語をつくりたい」。本作は、イランの風景と人々に一目惚れした筒井武文監督(『孤独な惑星』)の熱い思いからスタートした。

監督の思いに応え、日本に滞在経験のあるイランの人気脚本家ナグメ・サミニが、テヘランに住む母と娘の物語を執筆。イランの生活文化、日本とイランの歴史的関係を取り入れながら、謎に満ちたサスペンスドラマを書き上げた。

テヘランで大学に通うモナは、生まれる前に父を亡くし、教師をしている母ヌシンと二人暮らし。一人娘に厳しい門限を課し、交友関係にも目を光らせる過保護な母に、モナは少々辟易気味。

そんな中、モナは、ホテルで見知らぬ日本人男性と会うヌシンを目撃したのをきっかけに、自身の出生をめぐる母の話に疑念を抱き始める。男は果たして誰なのか。ヌシンの過去に何があったのか。母と娘の間に生まれた小さな綻びは、徐々に大きな亀裂へと発展するーー。

シングルマザーのヌシン役は、イランで国民的な人気を誇る女優マーナズ・アフシャル。娘のモナ役には、新人ラレ・マルズバンが抜擢された。

ヌシンの秘められた過去の扉を開く日本人・田中役を永瀬正敏が、その妻役を小林綾子が、円熟した演技で魅せる。

撮影監督は、『アウトレイジ』シリーズをはじめ北野武監督映画を数多く手がけてきたベテラン、柳島克己。美しいテヘランの街でのロケ撮影から室内劇まで、かすかな陰影をも繊細に捉え、見事な映像を作り上げた。

筒井武文監督が現代のテヘランを舞台に作り上げた日本・イラン合作映画。母と娘の複雑な愛憎関係がつくりだす先の読めないスリリングなストーリーに、きっと誰もが魅入られる。

ホテルニュームーン
2020年9月18日(金)より、アップリンク吉祥寺 他全国順次公開
配給:コピアポア・フィルム
© Small Talk Inc.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.