2020年6月10日に発売された、ダイハツの新型軽クロスオーバー「タフト」。そのディテールを写真で紹介しよう。

コンセプトは「ジブン、オープン、青空SUV」

2020年の東京オートサロンに参考出品されてから注目を集めていたダイハツの新型軽クロスオーバー、「タフト」がようやく発売された。4月から予約受注は始まっており、すでに月間販売目標台数の2倍となる8000台ものオーダーが入っているという。

直線基調のスクエアなボディに、15インチの大径タイヤと190mmもある高い最低地上高がもたらすスタイルは、SUVらしいタフさや力強さを感じさせてくれる。

インテリアでは、前席上のスーパーUV & IRカットガラスを採用した大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全グレードに標準装備した。リアシートバックは分割可倒式で、フレキシブルも備えたラゲッジスペースの使い勝手は高い。

新プラットフォームのDNGAを採用し、エンジンはターボとノンターボを設定。予防安全機能の「スマートアシスト」や電動パーキングブレーキ(ダイハツ初)なども装備して、最大のライバルと目されるスズキ ハスラーに挑む。

タフト G 主要諸元

●全長×全幅×全高:3395×1475×1630mm
●ホイールベース:2460mm
●重量:830kg
●エンジン種類:直3 DOHC
●排気量:658cc
●最高出力:38kW<52ps>/6900rpm
●最大トルク:60Nm<6.1kgm>/3600rpm
●トランスミッション:CVT
●WLTCモード燃費:20.5km/L
●タイヤサイズ:165/65R15
●税込み車両価格:148万5000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.