2020年6月11日、 ゼネラルモーターズ・ジャパン(GM ジャパン)は、車内の臭いや菌・ウイルスを抑制する新アフターサービス「パーマセーフ(PermaSafe)」を全国のキャデラック・シボレー正規ディーラーネットワークで開始すると発表した。このサービスはキャデラック・シボレーの正規代理店で購入した全車両が対象で、6月12日より全国の正規ディーラーで作業予約を受け付ける。

米国環境保護庁(EPA)認可、米国で話題の除菌・抗菌剤

新アフターサービス「パーマセーフ(PermaSafe)」は米国で話題の除菌・抗菌剤で、「電気機械的」なプロセスによって、ウイルスや菌、バクテリアなどの病原体を除去し、悪臭やアレルギー物質を排除するというもの。

電気機械的なプロセスとは、2種類の除菌・抗菌剤を噴霧することにより、対象物の表面にプラスに帯電した窒素原子と18個のつながった炭素のとげ状のスパイクを持つ格子を発生させ、この窒素電子ととげ状のスパイクが持つプラス電荷の強い力で、カビ菌やバクテリア、ウイルスなどのマイナス電荷を引き寄せて無害化するという仕組み。このプロセスは特許を取得している。

作業時間は車内清掃と除菌および抗菌剤のコーティングを含めて約30分。使用する消毒剤「PermaSafe CLEAN」と抗菌剤「PermaSafe SHIELD」は、米国環境保護庁(EPA)の抗菌評価プロセスを得て認可され、EPA の定める多くの健康、安全、および性能基準への適合が証明されている。

その効果が持続的なことが特徴で、抗菌・自己消毒効果が持続するほか、エアコンシステムやダクトを消毒、車内装飾品やカーペットの表面を保護して汚れやシミをはじき車内を清潔な状態に保つ。1回の作業で約6カ月以上にわたり抗菌効果が持続するという。

料金は1回1万8200円(税込)からとなっている。

画像: 新アフターサービス「パーマセーフ(PermaSafe)」で使われる、消毒剤「PermaSafe CLEAN」(左)と抗菌剤「PermaSafe SHIELD」。

新アフターサービス「パーマセーフ(PermaSafe)」で使われる、消毒剤「PermaSafe CLEAN」(左)と抗菌剤「PermaSafe SHIELD」。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.