絶望の中でも立ち上がる力を、困難に立ち向かう勇気を与えてくれる映画の名ゼリフ。今こそ味わいたい究極の名ゼリフ20を編集部員が厳選セレクト!

“3000回愛してる”

「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019)

画像: 「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019)

トニー(アイアンマン)の娘が最愛の父に捧げるセリフ。後に父も同じ言葉を返す。「#3000回愛してる」のタグが出来るほど有名なフレーズに。闘い続ける“ヒーロー”に、今こそ捧げたい愛の言葉。

メガヒットシリーズ「アベンジャーズ」の集大成にして、全世界歴代興収1位という金字 塔を打ち立てた記念碑的作品。人類の半分を消し去った最凶の敵サノスに対し、最強チー ムの最大の逆襲が始まる! ヒーローたちの“アッセンブル”シーンは何度見ても感涙必至。

監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ

ディズニーデラックスで配信中
© 2019 MARVEL

“幸運は勇者に味方する”

「ボヘミアン・ラプソディ」(2018)

画像: 「ボヘミアン・ラプソディ」(2018)

ヒット曲の二番煎じを求める会社に“クイーン”とマネージャーはこう反発。勇敢な決断から名曲“ボヘミアン・ラプソディ”が誕生する。格言として古くから伝わる、人生の真理だ。

“ボヘミアン・ラプソディ”“ウィ・ウィル・ロック・ユー”といった数々の名曲を生んだ伝説のバンド“クイーン”の感動の実話を映画化。世界中で社会現象を巻き起こし、日本でも2018年公開映画興行収入一位を獲得。“魂に響く”ラスト21分のライブシーンは必見!

監督:ブライアン・シンガー
出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボイントン、グウィリム・リー

フォックス・HE よりブルーレイ発売中
©2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

“心は人の未来を示す地図で、顔は人の過去を表す地図なの”

「ワンダー 君は太陽」(2017)

画像: 「ワンダー 君は太陽」(2017)

初登校で外見をからかわれ、「なぜ僕は醜いの?」と涙するオギーに母親がかけた言葉。「人の顔には印がある」とオギーの顔の傷を説明しながら、あなたは絶対醜くないと勇気づけた。

遺伝子疾患により人とは違う顔で生まれてきたオギー。10歳で初登校するも偏見にさらされてしまう。だが持ち前のユーモアと勇気あふれる行動は次第に周囲の人々を変えていく。“太陽”のようなオギーを支える家族の愛情と優しさにもどっぷり浸りたい、愛に満ちた一本。

監督:スティーヴン・チボスキー
出演:ジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン、ジェイコブ・トレンブレイ

©2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLCand Walden Media, LLC. All Rights Reserved.

“日々、人生最後の日と思え。大胆に挑戦して楽しめ。すべて一瞬だ”

「はじまりへの旅」(2016)

画像: 「はじまりへの旅」(2016)

独自の教育方針により山奥で自給自足生活をする父親ベンと6人の子どもたち。自らの過ちを認め受け入れたベンが新しい道に挑む長男に贈った、力強く勇気づける人生の格言。

厳格な父親の方針のもと、大自然の中でサバイバル生活を送っていた一家が、初めての大都会への旅を繰り広げるロードムービー。カルチャーギャップに直面した家族の絆を笑いと涙を交えて描く。全米で口コミから人気を呼び、4か月以上のロングランヒットを記録。

監督:マット・ロス
出演:ヴィゴ・モーテンセン、ジョージ・マッケイ、フランク・ランジェラ

©2016 CAPTAIN FANTASTIC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

“死ぬ時に後悔するのはやったことじゃない。やり残したことだ”

「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」(2016)

画像: 「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」(2016)

くだらない遊びに全力を注ぐ大学野球部の若者たち。お調子者フィネガンは冗談ばかり言っているが、ときたま放つ言葉がなかなか深い。ただし目的は女性を口説き落とすためだが…。

リチャード・リンクレーター監督が「6才のボクが、大人になるまで。」「バッド・チューニング」に連なる続編的な作品として、自身の実体験を反映させて描く青春映画。野球推薦で大学に入った新入生の入学前の数日間を1980年代の名曲にのせて綴る。

監督:リチャード・リンクレイター
出演:ブレイク・ジェンナー、ゾーイ・ドゥイッチ、ライアン・グスマン

© 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

“死ぬほど故郷が恋しくなるわ。でもなんとか耐えるしかない。大丈夫、耐えられるから。”

「ブルックリン」(2015)

画像: 「ブルックリン」(2015)

終盤、アメリカに再び戻るヒロインが若い女性に投げかけるアドバイス。見知らぬ場所に行く不安を知る主人公の力強い言葉だ。原作にはないこのシーンは映画ならではの感動を呼ぶ。

故郷アイルランドを離れ新天地NYブルックリンへと渡った女性の瑞々しい成長と恋愛模様を描く感動ラブストーリー。大都会で見つけた新しい生活と故郷への思いに引き裂かれるヒロインの揺れ動く心を、実力派女優シアーシャ・ローナンが極上の演技で魅せる。

監督:ジョン・クローリー
出演:シアーシャ・ローナン、 ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン

フォックス・HE よりブルーレイ発売中
©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

“ひとりでも立ち向かうが、ひとりではないと信じる”

「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」 (2014)

四面楚歌のキャプテン・アメリカが、最後の戦いの前にスピーチでこう呼びかける。どこかに仲間や理解者はいる。孤独な戦いに挑むとき、この言葉に励まされる人も多いのでは。

アベンジャーズを代表するヒーロー、キャプテン・アメリカを主人公とするシリーズの第二弾。国際平和維持組織シールドから突然命を狙われる身となったキャプテン・アメリカが“かつての盟友”と対峙する。本作で高い評価を受けたルッソ兄弟はMCUの最重要監督に。

監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:クリス・エヴァンス、スカーレット・ ヨハンソン、セバスチャン・スタン

ディズニーデラックスで配信中
© 2014 Marvel

“あなた方自身が希望になってほしい。たとえ及ばずともそれが最高の人生です”

「アメイジング・スパイダーマン2」(2014)

画像: 「アメイジング・スパイダーマン2」(2014)

恋人を目の前で失ったスパイダーマン。彼を絶望から救ったのは愛する人が生前遺したこの言葉だった。誰もが誰かのヒーロー(希望)になりうることを教えてくれる感動の名台詞。

アンドリュー・ガーフィールド主演「アメイジング・スパイダーマン」の第2弾。スパイダーマンとしての大いなる責任に葛藤してきた主人公にさらなる試練と悲劇が襲いかかる。残念ながら本作で新シリーズは打ち切りになったが、根強いファンも多い隠れた人気作。

監督:マーク・ウェブ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、ジェイミー・フォックス

© 2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2020 MARVEL.

“失われた物は取り替えがきかないけど、なくした物が忘れられることはない”

「君が生きた証」(2014)

画像: 「君が生きた証」(2014)

息子の未完成曲をサムが完成させた“SINGALONG”の一節。「あの頃、ペニー・レインと」でも魅せたクラダップのギターと、まるで息子に語りかけているかのような歌声が胸を震わせる。

名優メイシーの初監督作。銃乱射事件で亡くなった息子が遺した未発表曲と出合ったサムが音楽を通じて再生する様を描く。サムをバンドに誘う青年を2016年に急逝したイェルチンが好演。イキイキとギターを弾く様子に、音楽活動をしていた彼の姿を重ねてしまう人も少なくないはず。

監督:ウィリアム・H・メイシー
出演:ビリー・クラダップ、アントン・イェルチン、フェリシティー・ハフマン

©2014 Rudderless Productions LLC. All Rights Reserved.

“平凡な風景が、突然意味のある何かに変わる。
陳腐でつまらない景色が美しく光り輝く真珠になる。音楽でね。”

「はじまりのうた」(2013)

画像: 「はじまりのうた」(2013)

NYで出会った男女が、お互いのプレイリストを聴きながら夜のマンハッタンを巡るシーンでの言葉。音楽が日常を豊かに彩ってくれることが伝わる、監督の音楽愛が溢れる名場面。

名手ジョン・カーニー監督が「ONCEダブリンの街角で」に続いて手がけた音楽映画。失恋した女性歌手の心の再生を、これが歌声初披露のキーラ・ナイトレイ主演で描く。この名ゼリフのときにヒロインが聴いているのは「カサブランカ」の“As Time Goes By”。

監督:ジョン・カーニー
出演:キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ、アダム・レヴィーン

©2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.