モーターマガジンMovie(チャンネル登録者数12万5000人超)で長年に渡って試乗レポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。このコーナーでは、その中から人気の動画を逐次紹介していきます。今回は、ベントレーの新たなフラッグシップモデルのフライングスパーの登場です。(2019年6月FMC)
画像: 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー 「ベントレー フライングスパー」(2020年6月放映)

ゴージャスさとスポーティさの競演

長らくベントレーのフラッグシップの座にあったミュルザンヌの生産終了を受け、新たな顔となったフライングスパー。この贅の限りを尽くされたクルマを前に、竹岡圭さんはちょっと戸惑いました。「このクルマをどう表現したらいいんだろう」、と。

内外装のどれもこれも、至高のクラフトマンシップが冴え、ため息が出るばかりです。中でも、自動車としては初採用のドア内張りに採用された3Dテクスチャーのダイヤモンドキルトレザーの美しさに心と目が奪われたそうです。

そしてイグニッションをオンにすれば、最高出力635psの6リッターW12型エンジンが、内外装とは裏腹のアグレッシブな走りを提供し、彼女のアドレナリンを上昇させてくれました。スーパースポーツサルーンの面目躍如といった所でしょうか。

画像1: ゴージャスさとスポーティさの競演
画像2: ゴージャスさとスポーティさの競演
画像3: ゴージャスさとスポーティさの競演
画像4: ゴージャスさとスポーティさの競演
画像5: ゴージャスさとスポーティさの競演
画像: 竹岡 圭の今日もクルマと・・・ベントレー フライングスパー youtu.be

竹岡 圭の今日もクルマと・・・ベントレー フライングスパー

youtu.be

■ベントレー フライングスパー ファーストエディション 主要諸元

●全長×全幅×全高=5316×1978×1484mm
●ホイールベース=3194mm
●車両重量=2512kg
●エンジン= W12 DOHCツインターボ
●総排気量=5950cc
●最高出力=635ps/6000rpm
●最大トルク=900Nm/1350-4500rpm
●駆動方式=4WD
●トランスミッション=8速DCT
●車両価格(税込)=2667万4000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.