Z900RSオーナー必見! 往年の名車が持つ雰囲気をカスタムで手に入れる

画像: カワサキ Z900RS(2018年モデル・キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ)

カワサキ Z900RS(2018年モデル・キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ)

カワサキZ900RSのルックスはZ2(750RS)をオマージュしながら造られた。Z2は最先端スポーツモデルとして73年に登場したが、デザインは今でいうネイキッドタイプ。

しかし、イギリス発のカフェレーサーブームが日本に伝わるとヘッドライト周りを覆う小ぶりな『ビキニカウル』がファッション性と実用性を兼ね備えたパーツとして認知され、Z2をはじめとするロードスポーツモデルにビキニカウルを装着するカスタマイズが大人気となった。

画像: シックデザイン Z900RS専用ビキニカウル「マスカロード」 税込価格:5万1920円 (クリアスクリーン+未塗装)~7万7000円 (スモークスクリーン+3色塗装) 写真のカウルは、6万8200円(スモークスクリーン+2色塗装)

シックデザイン Z900RS専用ビキニカウル「マスカロード」

税込価格:5万1920円 (クリアスクリーン+未塗装)~7万7000円 (スモークスクリーン+3色塗装)
写真のカウルは、6万8200円(スモークスクリーン+2色塗装)

これを受けてFRP製品を作るショップ/メーカーが数多く誕生したが、80年代からオリジナルパーツの製作を続け、現在では日本有数の工房に成長したのが「シックデザイン」。ここで紹介するのは、2020年2月に発売されたZ900RS用ビキニカウル、『マスカロード』だ。

Z900RSの市販開始からマスカロードの製品化まで2年以上を要しているが、シックデザイン代表であり、デザイナーである田中氏のキャラクターを知っている人なら納得の期間。実車を購入して様々なシチュエーションに置き、あらゆる角度から眺めてデザインをイメージし、何種類もの試作品を作っては細かく手直しするという手法で、途方もない時間と手間を掛けているからだ。

画像: カウル形状はZ900RSの車体デザインに合せて専用設計。カウル本体は耐久性を重視したFRP多層構造で、裏面はサーフェスマット仕上げ。同社の定番製品「ロードコメット」比で約20%サイズアップし、高い防風性能を発揮。ツーリングを快適にしてくれる。

カウル形状はZ900RSの車体デザインに合せて専用設計。カウル本体は耐久性を重視したFRP多層構造で、裏面はサーフェスマット仕上げ。同社の定番製品「ロードコメット」比で約20%サイズアップし、高い防風性能を発揮。ツーリングを快適にしてくれる。

Z900RS用はシャープな直線と複雑な曲面構成を組み合わせて適度なボリューム感を与えたデザインが特長。車体への固定はヘッドライト左右のラバーマウントと下部ステーによる3点留めなので余分なステー類がなく、装着状態もスッキリしている。後付けカウルに発生しやすい走行中のビビリ、乱流、スクリーンの歪みもなく、街乗りから高速走行までネイキッドの開放感を損なうことなく快適性が高められている。

田中氏がこだわり抜いたデザインと機能性、熟練スタッフによる丁寧な作り込みで品質の高さは文句なし。Z900RS+マスカロードの組み合わせは、70年代Z2カスタムの再現を超える現代的カスタマイズだ。

画像: 撮影車は純正より70mm長いロングテールカウルキット3色塗装:7万2600円〜(写真は2色塗装6万6000円)も装着。スチール製インナーフェンダーに純正ウインカー、テールライト、ナンバー灯、リフレクターを移設し、テールライトをカウルから数センチ出したデザインで存在感を高めている。

撮影車は純正より70mm長いロングテールカウルキット3色塗装:7万2600円〜(写真は2色塗装6万6000円)も装着。スチール製インナーフェンダーに純正ウインカー、テールライト、ナンバー灯、リフレクターを移設し、テールライトをカウルから数センチ出したデザインで存在感を高めている。

画像: マスカロードとロングテールキットの装着により、Z2を想わせる伸びやかなラインを実現。カウルのボリュームとスクリーンサイズの最適化で走行中の整流効果も高い。

マスカロードとロングテールキットの装着により、Z2を想わせる伸びやかなラインを実現。カウルのボリュームとスクリーンサイズの最適化で走行中の整流効果も高い。

シックデザインの定番製品「ロードコメット」もチェック!

画像: シックデザイン Z900RS専用ビキニカウル「ロードコメット」 税込価格:3万8500円 (クリアスクリーン+未塗装) ~6万3580円( スモークスクリーン+3色塗装) ※写真のカウルは5万6980円(スモークスクリーン+2色塗装)

シックデザイン Z900RS専用ビキニカウル「ロードコメット」 

税込価格:3万8500円 (クリアスクリーン+未塗装) ~6万3580円( スモークスクリーン+3色塗装) ※写真のカウルは5万6980円(スモークスクリーン+2色塗装)

同社の定番製品がやや丸みを帯びた『ロードコメット』。Z900RS用は専用カットラインによりボルトオンで装着可能。引き締まったデザインで精悍なイメージを演出する。

文:太田安治/写真:南 孝幸

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.