6月9日はジョニー・デップの誕生日! 57歳を迎えたジョニーの最新作『The Professor』が邦題を『グッバイ、リチャード!』(キノフィルムズ配給)とし、2020年8月21日(金)よりヒューマントラスシネ渋谷ほか全国で公開される。

余命180日の崖っぷち男をジョニーが名演するライフ・ファイティングドラマ

『余命180日です 』。 大学教授・リチャードに告げられた突然の余命宣告。博学でエレガント、真面目な夫として美い妻、素直な娘と何不自由ない暮らしを送っていたはずの人生が一変。リチャードは残りの人生を自分のために謳歌しようと決心し、やりたい放題の生活を始めるが……

リチャードを演じるのは6月9日で57歳となった「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョニー・デップ。今年は初主演作「クライ・ベイビー」から30年という記念の年でもあり、インディペンデント映画への復帰を果たしたジョニー。製作はアカデミー賞受賞作「ハート・ロッカー」のグレッグ・シャピロで、共演には期待の若手女優ゾーイ・ドウィッチ、「ワンダーウーマン」のダニー・ヒューストンらを迎えている。シリアスになりがちな「人生の終わり」について新鋭ウェーン・ロバーツ監督がユーモラスに描き出している。

カメレオン俳優として知られるジョニーが特殊メイクなし、素顔で等身大の男性を演じる真骨頂を発揮。リチャードが残された180日をどう生きるかを名演している。

http://goodbye-richard.jp

©2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.