公開が延期されていた北欧発の感動作『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』が2020年7月17日(金)より全国公開することが決定。あわせて本編の映像も解禁された。
画像: 「ブリット=マリーの幸せなひとりだち」本編映像 www.youtube.com

「ブリット=マリーの幸せなひとりだち」本編映像

www.youtube.com

浮気相手がまさかの鉢合せ⁉

本作は大ヒット作『幸せなひとりぼっち』の原作者フレドリック・バックマンによる小説「ブリット=マリーはここにいた」の映画化。

映画祭で注目の若手女性監督ツヴァ・ノヴォトニーが、スウェーデンの国民的女優ペルニラ・アウグストを主演に迎え、本国で初登場 1 位の大ヒットを記録した。

スウェーデンに住むブリット=マリーは63歳の専業主婦。結婚して40年、家事を完璧にこなすだけの毎日でいつしか笑顔を忘れていた。ある日、夫に愛人がいることがわかり、一大決心をして家を飛び出すことに。

やっとのことで見つけた仕事は小さな村の荒れ果てたユースセンターの管理人。おまけにやんちゃ盛りの子供たちの弱小サッカーチームのコーチまで任されることに…。初めて尽くしの彼女だが、個性豊かな住民たちに助けられ、不器用ながらも少しずつ笑顔を取り戻していく。しかし突然夫が迎えに来たことで、新たに人生の選択を迫られる…。

「夫のために生きる安泰な人生」と「自分のための波乱万丈な人生」、果たしてどちらにブリット=マリーの幸せはあるのか? 北欧らしくカラフルに彩られた、第二の人生に踏み出そうとする人を応援する再出発奮闘記!

今回解禁された本編映像は、ブリットが夫が出張先で倒れたという知らせを受けて急いで病院へ駆けつけたものの、看護師に「どちらが奥様?」と聞かれ、部屋の奥を覗くと、座っていたのは夫の長年の愛人だった、という衝撃のシーン。

気丈にも彼女と握手をするブリット。「出口は分かるわよね」と部屋から追い出し、「何て言えば」と言い訳をしようとする夫にも「わからないなら何も言わないで」とピシャリ。ブリットの心の中で、一つの生活が終わったシーンとなっており、これからの巻き返しに期待がかかる、重要な場面となっている。

ブリット=マリーの幸せなひとりだち
2020年7月17日(金)より新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか公開
配給:松竹
© AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.