ホイールを回す作業をするときに大助かりのローラースタンド

一般的な製品とはひと味違う!

画像: DAYTONA メンテナンスローラースタンド 税別3,800円

DAYTONA メンテナンスローラースタンド

税別3,800円

リム/スポーク回りの掃除、ドライブチェーンのメンテナンスといったホイールを回す作業に便利なのがローラースタンド。数多くの製品が出ているが、デイトナのローラースタンドはひと味違う仕上がりだ。

多くの製品はタイヤが空転しないようにローラー表面に細かな凹凸(ローレット)加工を施してあるが、サイドスタンド使用中は車体が傾いているので、ホイールを回転させるとローラーとの接地点が徐々にズレて回しにくくなる。

この製品はローラー表面を滑らかにして若干の空転を許容し、ズレを減らしているので位置を修正する手間が減る。チェーンメンテナンスのように、ホイールを何回転もさせる場合は特に有効だ。

さらにローラーの位置が3段階に変えられ、スクーターの10インチホイールから大型バイクの19インチホイール(最大タイヤ幅200mm)まで使用できるのも便利。耐荷重も200kgと、重量車にも対応できる。

前後どちらのホイールにも使え、スタンドにタイヤを乗せる/降ろす作業も一人で簡単にできる。価格も安いし場所も取らないから、サンデーメカニックなら一個持っていると重宝するメンテナンスアイテムだ。

画像: スタンドのスロープ側から乗り上げるように車体を移動し、2本のローラー間にタイヤを位置させる。前輪に使う場合はハンドルを一杯に切った状態にしておくと作業しやすい。

スタンドのスロープ側から乗り上げるように車体を移動し、2本のローラー間にタイヤを位置させる。前輪に使う場合はハンドルを一杯に切った状態にしておくと作業しやすい。

画像: スタンドのスロープ部分と底面には滑り止め材が貼られている。向かって右側のローラーは工具を使うことなく3段階の位置調整が可能。収納場所を取らないことも特長だ。

スタンドのスロープ部分と底面には滑り止め材が貼られている。向かって右側のローラーは工具を使うことなく3段階の位置調整が可能。収納場所を取らないことも特長だ。

文:太田安治/写真:南 孝幸/モデル:梅本まどか

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.