2020年6月8日、トヨタはクロスオーバーSUVであるRAV4のプラグインハイブリッド車「RAV4 PHV」を発売した。

EV走行距離は95km、最大1300km以上の航続距離

画像: 0→100km/h加速は6.0秒という俊足を誇る。

0→100km/h加速は6.0秒という俊足を誇る。

RAV4は、トヨタのクロスオーバーSUVだ。初代は1994年にデビューし、先代の4代目は日本では発売されていないが、2019年4月には5代目となった現行型が日本でも発売され、2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、人気を博している。

RAV4 PHVは、RAV4のハイブリッド仕様をベースに新開発されたプラグインハイブリッド システム「THS II Plug-in(プラグイン)」を採用。ベース車よりもフロントモーターとインバーターを高出力化し、大容量・高出力の新型リチウムイオンバッテリーと組み合わせ、システム最高出力は225kW(306ps)を達成。0→100km/h加速は6.0秒を実現している。

画像: プラグインハイブリッドシステム「THSⅡ プラグイン」。

プラグインハイブリッドシステム「THSⅡ プラグイン」。

駆動方式は、電気式4WDのE-Fourのみ。充電時間は、AC200Vなら約5時間30分、100Vなら約27時間で満充電できる。満充電状態ならEVのみで95kmの走行が可能で、ハイブリッド燃費はWLTCモードで22.2km/Lを達成。ガソリンタンク容量は55Lあるから、航続距離は1300km以上になる。

また、最大1500W(AC100V)の外部給電機能を標準装備しており、ラゲッジルーム内のアクセサリーコンセントに加え、付属のヴィークルパワーコネクターを車両後方右側の普通充電インレットに差し込めば、外部給電用コンセントとして利用できる。外部給電モードはEV給電モードとHV給電モードも設定し、後者はガソリン満タン状態なら3日程度の電力を供給できる。

画像: ボディカラーは専用色のエモーショナルレッドIIを含む全6色を設定。

ボディカラーは専用色のエモーショナルレッドIIを含む全6色を設定。

エクステリアでは、フロントグリルとロアモール、そしてLEDデイライトといった専用パーツが、PHVとしての個性を際立たせ、スポーティな表情を演出している。新意匠の19インチ アルミホイールも専用アイテムだ。ボディカラーは、専用色のエモーショナルレッドIIを含む全6色を設定。また、BLACK TONE(ブラックトーン)グレード専用色として、ブラックが映える2トーンカラーも5タイプ設定している。

インテリアはブラックで統一され、インパネやドアトリム、ステアリング、シートなどにレッドステッチがアクセントで入る。表皮に合成皮革を採用したスポーティシートも全車に標準装備している。

画像: BLACK TONE のインパネまわり(オプション装着車)。

BLACK TONE のインパネまわり(オプション装着車)。

快適&安全装備では、大型9インチのディスプレイオーディオ、DCM(車載通信機)、快適温熱シート(前席)、後席シートヒーター、トヨタセーフティセンスといった先新装備が充実している。

車両価格(税込)は、以下のとおり。

G:469万円
G「Z」:499万円
ブラックトーン:539万円

いずれのグレードも、パワートレーンなどに違いはない。駆動方式は電気式4WDのE-Fourのみで、ミッションは電気式無段変速機となる。月販目標販売台数は、300台となっている。

■THS II プラグイン 主要諸元

●エンジン
型式:A25A-FXS
排気量:2487cc
最高出力:130kW<177ps>/6000rpm
最大トルク:219Nm<22.3kgm>/3600rpm
●フロントモーター
型式:5NM
最高出力:134kW<182ps>
最大トルク:270Nm<27.5kgm>
●リアモーター(E-Four)
型式:4NM
最高出力:40kW<54ps>
最大トルク:121Nm<12.3kgm>
システム最高出力:225kW<306ps>
●駆動用バッテリー
種類:リチウムイオンバッテリー
容量:51Ah
総電圧:355.2V
総電力量:18.1kWh

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.