通の人が使うにも標準的な1200cc仕様

ブルドックが手がける、Z系コンプリートカスタムのGT-M(Geniune Tuning Machine)。その近作となるカワサキZ1000Jだ。エンジンはそのJをベースにピスタルレーシング製鍛造ピストン+超々ターカロイスリーブでの1200cc化を行い、ミッションはノーマル5速をオーバーホール。キャブレターはTMRで排気系はウィンマッコイ・チタンという、安定の仕様。

車体側も前後17インチ最適ディメンションやマッコイ目の字断面スイングアーム/同オフセット可変ステムにラヴォランテ・アルミ鍛造ホイールと、GT-Mではおなじみの構成を取っている。

画像1: 通の人が使うにも標準的な1200cc仕様

「他と違う点と言えば、今回は外装。丸型ヘッドライトでしょう。角タンクでローソンの四角でなく丸型ライトを付けているんですが、Mk.Ⅱで丸ライトを付けるために作ったビキニカウルを初めて装着した感じですね。カラーリングもオーナーさんのオーダーです」とブルドック・和久井さんは言う。これも各部パーツ同様にオーダーのひとつ、というわけだが、冒頭の“おなじみの構成”があってこその個性化の部分とも言えそうだ。

「エンジン仕様としても今のGT-Mの1200cc(φ76mmピストン)は普通の人が普通に使える排気量になってます。もちろんφ77mmの1230ccやφ78mmの1260ccと、まだ上の排気量もあって選びことができますし、そこは余裕の域です。TMRキャブも以前はφ38mmボアしかなかったんですが、φ36mmが出たことで使いやすくなった。そうした、安定したデータが取れたものが次々定番になって、アップデートするんです」(同)。

確かにおなじみとは言ったものの、1200ccにしても数年前ならまだ大きい、難しいと思われていたはずだ。それが特性含めて普通に使えるのだから、それは進歩でもある。

画像2: 通の人が使うにも標準的な1200cc仕様

余談ながらミッションについてはZ系5/6速クロスも十分な支持を得ている。今まで加工で使ってきたシフトドラムも新作(両端ベアリング支持などの工夫も)されたから、今後にも期待大。ブルドック+GT-Mは今後もZや空冷モデルの新しい定番を作ってくれそうなのだ。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

Detailed Description 詳細説明

画像: 北米仕様こそ丸ライト(ただしタンクも丸タイプ)だが、角タンクのZ1000Jに丸型ヘッドライト+ビキニカウルという、ある意味新鮮な組み合わせの外観を得た車両。ホワイトをベースにZ1000Rラインをアレンジしたカラーリングもオーナーからのリクエストだ。

北米仕様こそ丸ライト(ただしタンクも丸タイプ)だが、角タンクのZ1000Jに丸型ヘッドライト+ビキニカウルという、ある意味新鮮な組み合わせの外観を得た車両。ホワイトをベースにZ1000Rラインをアレンジしたカラーリングもオーナーからのリクエストだ。

画像: ビキニカウルの内側はカーボンでメーターパネルを兼ねたインナーパネルを製作し、ULTRA回転計やアクティブ・マルチメーター、ヨシムラPRO-GRESSメーターを配置している。左右のマスターシリンダーはブレンボ・ラジアルでステムはブルドックのオリジナル、マッコイ・ブランドの可変タイプ。

ビキニカウルの内側はカーボンでメーターパネルを兼ねたインナーパネルを製作し、ULTRA回転計やアクティブ・マルチメーター、ヨシムラPRO-GRESSメーターを配置している。左右のマスターシリンダーはブレンボ・ラジアルでステムはブルドックのオリジナル、マッコイ・ブランドの可変タイプ。

画像: リヤはナンバーサイド、フロントはオイルクーラーサイドのウインカーはスリムなアクティブの車検適合品ですっきりと車体をまとめている。

リヤはナンバーサイド、フロントはオイルクーラーサイドのウインカーはスリムなアクティブの車検適合品ですっきりと車体をまとめている。

画像1: Detailed Description 詳細説明
画像: フレームやエンジンといった中核部の仕様は現在のGT-Mの標準と言えるもの。まずねエンジンはZ1000Jを元にピスタルレーシング製φ76mmピストンで998→1197cc化しツインプラグヘッド等を組み合わせる。この上も選べるが少しずつリスキーな部分も出てくるともいい、1200ccの排気量は現状で十分普通に使える状態にまで昇華されている。キャブレターは適正口径のTMRφ36mmをチョイス。

フレームやエンジンといった中核部の仕様は現在のGT-Mの標準と言えるもの。まずねエンジンはZ1000Jを元にピスタルレーシング製φ76mmピストンで998→1197cc化しツインプラグヘッド等を組み合わせる。この上も選べるが少しずつリスキーな部分も出てくるともいい、1200ccの排気量は現状で十分普通に使える状態にまで昇華されている。キャブレターは適正口径のTMRφ36mmをチョイス。

画像: フロントフォークはナイトロンNTR43マッコイスペシャルチューンモデル。前後ホイールはアルミ鍛造のラヴォランテ、サイズは3.50-17/6.00-17だ。

フロントフォークはナイトロンNTR43マッコイスペシャルチューンモデル。前後ホイールはアルミ鍛造のラヴォランテ、サイズは3.50-17/6.00-17だ。

画像2: Detailed Description 詳細説明
画像: スイングアームは7N01目の字5角断面材のマッコイ・ブランド。排気系は内部4-2-1のWinMccoyチタンフルエキゾーストで、Win Mccoyの真円タイプ・グラデーションチタンサイレンサーを組み合わせている。

スイングアームは7N01目の字5角断面材のマッコイ・ブランド。排気系は内部4-2-1のWinMccoyチタンフルエキゾーストで、Win Mccoyの真円タイプ・グラデーションチタンサイレンサーを組み合わせている。

画像: ステップはMccoyバックステップのZ1000J用だ。スプロケットシャフトはオフセットスプロケットアウトボードキットで外からも支持してある。

ステップはMccoyバックステップのZ1000J用だ。スプロケットシャフトはオフセットスプロケットアウトボードキットで外からも支持してある。

取材協力:ブルドック

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.