映画監督・三池崇史が発起人として、コロナ禍中に「フリーランス映画監督・助監督」を支援するための企画コンテスト、"カチンコ Project"を始動することが発表された。

「このまま黙って沈むわけにはいかない。泳ごう。なんとか進もう」

新型コロナウイルスの影響により、撮影もままならず大きな打撃を受けてる映画業界。その結果、フリーランスで活動する多くの監督や助監督の経済的状況は不安定になり、出口もいまだに見えていない。また日本映画業界という観点では、経済的に困難となった監督が現場を離れ他職へ移ってしまうという「才能ある監督の映画業界離れ」が危惧されている。そこで映画監督・三池崇史が発起人となり立ち上げたのが「カチンコ Project」だ。

「カチンコ Project」は、新型コロナウイルスの影響により映像制作が困難となったフリーランスの映画監督・助監督を支援することを目的とした企画コンテスト。応募された企画は、日本映画業界を牽引してきた映画プロデューサーの審査により優秀企画賞等が選出され、賞金が贈られる。

賞金総額は約2,000万円。今後はその支援の一貫として、応募された企画をリスト化し、新しい企画を求める製作者との橋渡しなど、映画化に向けた取り組みを支援していく予定となっている。

詳細はホームページ(https://kachinko.jp/ )にて。

発起人 三池崇史からの
「同志であるフリーランスの監督・助監督」へ向けてのメッセージ

「withコロナ」
感染の恐怖。自粛社会の不安。
確かなことは、「しばらくは、元の場所には戻れない」
ということだ。

映画人も例外ではありません。
自粛要請を受け、撮影現場が停止し、
映画館も従来のような興行が行えず。
活動再開に向けて手探りはしてみるものの、その指先に触れるものはなにもない。
大きな船に乗る者はともかく、ひとり裸で泳ぐ者にとってはなす術なし。

いやしかし、このまま黙って沈むわけにはいかない。
泳ごう。なんとか進もう。でも、どっちへ・・・
あしたの映画のための企画発掘プロジェクトが始動します。
題して、『カチンコ Project』。

〜今、私はこんな映画を撮りたい!〜

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.