ポルシェ パナメーラのシューティングブレーク「スポーツツーリズモ」に追加設定されたGTS。そのディテールを写真で紹介しよう。

V8ツインターボを搭載したスーパー シューティングブレーク

パナメーラは、ポルシェのフラッグシップ サルーンとして2009年に初代がデビュー。テールゲートも備えた5ドア セダンは、ポルシェとしては初のボディタイプだ。2016年に2代目にフルモデルチェンジされ、スタイリングは先代のキープコンセプトだが、よりシャープなものになった。

スポーツツーリズモは、2017年に追加設定された、いわゆるシューティングブレーク風のワゴンボディとなる。全長やホイールベースはセダンと変わらないが、Bピラーから後ろはセダンとは別デザインで、リアシートは3人掛けとなった。ラゲッジスペースは520Lの容量があり、リアシートバックを倒せば最大1390Lまで拡大する。

ここで紹介するGTSは2020年モデルから追加設定されたグレードで、トップグレードの「ターボ」の下に位置する。とはいえ、4LのV8 DOHCツインターボは460psと620Nmを発生し、最高速度は289km/hに達するからパフォーマンスは十分以上だ。駆動方式は4WDだし、パナメーラ GTS スポーツツーリズモは最強・最速のスーパー シューティングブレークの1台と呼べるだろう。(写真:井上雅行)

パナメーラ GTS スポーツツーリズモ 主要諸元

●全長×全幅×全高:5053×1937×1422mm
●ホイールベース:2950mm
●重量:2080kg
●エンジン型式・種類:V8 DOHCツインターボ
●排気量:3996cc
●最高出力:338kW<460ps>/6000rpm
●最大トルク:620Nm<63.2kgm>/1800-4500rpm
●トランスミッション:8速DCT
●駆動方式:フロント縦置き4WD
●タイヤサイズ:前275/35ZR21、後315/30ZR21
●税込み車両価格:1988万1481円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.