このたび新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言の状況により公開が延期されていた『イップ・マン 完結』の公開日が2020年7月3日(金)に決定。あわせて主演ドニー・イェンのインタビューを含む貴重なメイキング映像も公開された。
画像: 【公式】『イップ・マン 完結』さよなら、イップ・マン。/新公開日7月3日(金)に決定!/特別メイキング映像 youtu.be

【公式】『イップ・マン 完結』さよなら、イップ・マン。/新公開日7月3日(金)に決定!/特別メイキング映像

youtu.be

「衣装を身に着けた瞬間にイップ・マンに変身する」

ブルース・リーがその生涯で唯一師匠と呼んだ詠春拳の達人イップ・マン。激動の時代に誇りを貫いた彼の半生を描き、アジアで驚異的なヒットとなった“イップ・マン”シリーズがついに完結!

舞台はアメリカ、教え子ブルース・リーと再会したイップ・マンが、残される息子への思いを胸に、異郷に生きる人々、そして自らの武術家としての誇りを守るため、最期の闘いに臨む本作は、先日5月6日に発表された第39回香港電影金像奨(香港アカデミー賞)で、ユエン・ウーピンがアクション監督賞を受賞したほか、編集賞、音響効果賞の三部門で受賞した。

1964年、サンフランシスコに渡った詠春拳の達人イップ・マン。彼は、弟子ブルース・リーとの再会や太極拳の達人ワンとの対立を経て、アメリカという異郷に生きる人々が直面する厳しい現実を知る。やがて中国武術を敵視する海兵隊軍曹バートンとの激闘の果てにワンが倒れた時、イップ・マンは、宣告された病を隠し、人々の誇り未来のために立ち上がる。香港に残して来た息子にある思いを伝えた彼は、ただ一人、最後の闘いへ進みゆく。

本作の劇場公開を前に、シリーズ10年以上にわたり、イップ・マンを演じ、本作ではプロデューサーの一人でもあるドニー・イェン、そしてウィルソン・イップ監督らの熱い思いが垣間見られるインタビュー含むメイキング映像も解禁された。

アクションとドラマの感情表現の両方に手腕を発揮し、シリーズ全作品を成功に導いたウィルソン・イップ監督は、本作について「イップ・マンと息子、父子の物語に焦点を当てました。イップ・マンは自分が病気であることを知り、そのため息子の未来を考えるのです」と話す。

そして監督いわく、「衣装を身に着けた瞬間にイップ・マンに変身する」というドニー・イェンは、「息子のため留学先をみつけようとしますが、海外で暮らすことが息子にとって最良か疑問に思うのです」と、一人の父親としてのイップ・マンの思いを語る。

また監督が「シーンごとでアクションが変化し、結果、関係性を感じることができる」と説明するアクションシーンの撮影風景も必見だ。

「イップ・マンシリーズの魅力は、カンフー映画としてのアクションのみならず人間性がより深く描かれているため観る者の心を動かすのです」というドニー・イェンの言葉には、シリーズに魅了され続けたファンも大きく頷くことだろう。宇宙最強ドニー・イェン演じるイップ・マンがいよいよここ日本で有終の美を飾る。

イップ・マン 完結
2020年7月3日(金)新宿武蔵野館他全国順次公開
配給:ギャガ・プラス
© Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.  

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.