新型コロナウイルスの影響によって公開が延期となっていた映画『ハニーランド 永遠の谷』が2020年6月26日(金)より全国順次公開されることが決定した。

ヨーロッパ最後の自然養蜂家の女性に密着したドキュメンタリー

本作は、本年度アカデミー賞において、ドキュメンタリー映画賞部門だけでなく、国際映画賞(旧・外国語映画賞)部門にもノミネートされるという、ドキュメンタリー映画としてアカデミー賞史上初の快挙をなしとげた驚異の作品。

北マケドニアの電気も水道もない故郷の谷で、寝たきりの盲目の老母と暮らすヨーロッパ最後の自然養蜂家の女性。「半分はわたしに、半分はあなたに」それが持続可能な生活と自然を守るための信条。3年の歳月と400時間以上の撮影から生み出された、人間の、自然の、存在の、崇高さと美しさに満ちた、悲しくも感動的な希望の物語だ。

食料、環境、生産と消費、貧困、感染、医療と介護、存在の尊厳…。それらの問題に巧まざるユーモアと品格を持って対処していく女性の姿を描いた本作品がこのコロナ時代に問いかけるものは大きい。

ハニーランド 永遠の谷
2020年6月26日(金)よりアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
配給:オンリー・ハーツ
©2019, Trice Films & Apollo Media

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.