第71回カンヌ国際映画祭で<カンヌ・サウンドトラック賞最優秀作曲家賞>を受賞した『LETO』の邦題が『LETO -レト-』(ロシア語で「夏」の意)として2020年7月24日(金)より全国公開されることが決定。あわせて第一弾ポスタービジュアルが解禁された。
画像: ボウイ、イギー・ポップ、T・レックス…80’sロック満載の青春映画が公開

カンヌ国際映画祭を始め世界中の映画・音楽ファンが大熱狂

本作は、ロシアの伝説的バンド「キノ」のヴォーカルであるヴィクトル・ツォイと、彼の音楽的才能を見出したロックシンガーのマイク・ナウメンコ、そしてその妻ナターシャの3人をモデルに、ペレストロイカ目前のレニングラードで純粋に“自由”と“音楽”を追い求めた若者達のひと夏を描く青春映画。カンヌ国際映画祭を始め世界中の映画・音楽ファンの間で大熱狂の渦を巻き起こした。

T・レックス「Broken Hearted Blues」、トーキング・ヘッズ「サイコ・キラー」、イギー・ポップ「パッセンジャー」、ルー・リード「パーフェクト・デイ」、デヴィッド・ボウイ「すべての若き野郎ども」など70‘s~80’sのロックシーンを代表する名曲の数々が劇中を彩り、ミュージカルともMVともとれる実にユニークでスタイリッシュな映像演出でカヴァーされる点も音楽ファン垂涎の見どころ。

監督は無実の容疑で国に拘束され、現在もロシア政府の監視下にある前衛的な芸術家キリル・セレブレンニコフ。1年半の自宅軟禁のさなかに本作を完成させた。

ときは1980年代前半。西側諸国(資本主義諸国)の文化は禁忌とされていたソ連時代のレニングラードでは、L・ツェッペリンやT・レックスなど西側のロックスターの影響を受けたアンダーグラウンド・ロックが花開こうとしていた。

その最前線で人気を博していたバンド「ズーパーク」のリーダーであるマイク(ローマン・ビールィク)のもとにある日、ロックスターを夢見るヴィクトル(ユ・テオ)が訪ねてくる。彼の才能を見出したマイクは、共に音楽活動を行うようになるが、その一方で、マイクの妻ナターシャ(イリーナ・ストラシェンバウム)とヴィクトルの間には淡い恋心が芽生え始めていた・・・・。

ロックンロールで打ち鳴らす“規制からの解放”、そしてほのかにビターな恋心。純粋なパッションに突き動かされた若者たちの熱気と青春に胸がアツくなる傑作がここに誕生した。

あわせて解禁となったポスタービジュアルは、80年代の規制された社会に彼らのロックが響き渡るように、モノトーンの世界に自由に彩りを加えたようなデザイン。「あの夏、ぼくらが追い求めた、ロックと自由と淡い恋」と添えられたコピーが、誰もが経験し懐古する、あのアツいひと夏を思い起こさせるビジュアルとなっている。

『LETO -レト-』プレイリスト  ※劇中歌唱はカヴァー

「Dryan (You're Trash)」by ズーパーク
「Broken-Hearted blues」by T・レックス
「LETO(The Summer)」byズーパーク
「Moi Druzya (My friends)」 byキノ
「Bezdelnik」byキノ
「サイコ・キラー」byトーキング・ヘッズ
「Aluminievie Ogurtsy (Aluminium Cucumbers) 」by キノ
「Moya Sladkaya N(My Sweet N)」byズーパーク
「Moye Nastroiniye(My Mood)」 by キノ
「Vosmiklassnitsa (Eighth Grade Girl)」byキノ
「I am Waiting for the Man」by ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
「パッセンジャー」by イギー・ポップ
「チルドレン・オブ・ザ・レボリューション」by T・レックス
「20センチュリー・ボーイ」by T・レックス
「Zvezda Rock-n-Rolla(Rock 'n' Roll Star)」by ズーパーク
「Kogda-to ty bil bitnikom (Once You Were a Bitnik)」by キノ
「パーフェクト・デイ」by ルー・リード
「アッシェズ・トゥ・アッシェズ」by デヴィッド・ボウイ
「Vremya Yest, A Deneg Net(Got Time,No Money)」byキノ
「Na Kukhne (In the Kitchen)」 byキノ
「すべての若き野郎ども(All the Young Dudes)」by モット・ザ・フープル
「6утра(6 A.M.)」byズーパーク
「Derevo (The Tree)」byキノ
「Konchitsya Leto(Summer will End)」byキノ(エンドロール曲)

LETO -レト-
2020年7月24日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
配給:キノフィルムズ/木下グループ
© HYPE FILM, 2018

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.