“恋するスマホ”の暴走ストーキングを描いた『JEXI(原題)』が『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』の邦題にて2020年8月14日(金)より全国ロードショーすることが決定した。

新進気鋭コメディ俳優アダム・ディヴァインが主演

本作は『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(09)の原案・脚本を手掛けた、ジョン・ルーカス&スコット・ムーアのヒットメーカーコンビの新作。

主人公は子供のころからスマホ依存症のフィル。恋人も友達もゼロで唯一の心の友はスマホ。そのスマホが不慮の事故で故障してしまい、機種変更で新たに手に入れたスマホにはライフコーチ機能“ジェクシー”が搭載されていた。

うだつの上がらないフィルの生活を全てコーチングしていくジェクシー(ただし頼んではいない)。はじめは振り回されるフィルだったが、ジェクシーのお陰で彼女ができ、劇的に生活が改善されていく。しかし、彼女とうまくいき、スマホ依存症が改善され始めるとジェクシーの様子が豹変する!!

なんと恋に落ちてしまったジェクシーの暴走が始まり、上司への暴言メール送信、銀行口座から預金の流出、秘密の写真を一斉送信!! 嫉妬に狂ったジェクシーに命を狙われるフィルは一体どうなる!? あゝスマホを変えただけなのに!!

暴走するスマホに命を狙われる主人公フィルを演じるのは、『マイ・インターン』『ピッチ・パーフェクト』に出演し、全米でソールドアウトを連発する自身のコメディユニット<メール・オーダー・コメディ>(MOC)では、全ての脚本・出演を手掛けるなど注目を集める新進気鋭コメディ俳優アダム・ディヴァイン。

フィルがジェクシーの後押しで恋人になるケイトを演じるのは、『X-MEN:ダーク・フェニックス』(19)で演じたストーム役で知られるアレクサンドラ・シップ。フィルの職場の上司カイ役は『アントマン』シリーズでおなじみマイケル・ペーニャ。そしてジェクシーの声を『ピーターラビット』(18、20)シリーズでのヒロインのビア役を演じたローズ・バーンが務めている。

あわせてポスタービジュアルも解禁。スマホに振り回されるフィルと、スマホ画面にはジェクシーからの大量のメッセージが! 既読スルー厳禁なビジュアルが完成した。

ジェクシー! スマホを変えただけなのに
2020年8月14日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
配給:ショウゲート
©2019 CBS Films Inc. All Rights Reserved. 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.