ポルシェジャパンはヘリテージデザインモデルの第一弾となる「ポルシェ911 タルガ4S ヘリテージデザインエディション」の予約受注を2020年6月2日から開始したと発表した。

オーナー専用の高級腕時計も用意

ヘリテージエディションはポルシェの1950年代から1980年代にかけてのデザインエレメントを随所に取り入れたもので、今後はポルシェの「ライフスタイル」を表現する製品ラインアップとして、4つのモデルに設定されることになる。その最初のモデルとして選ばれたのがポルシェ911で、社内コードネームである“992”にちなんで992台限定発売となる。

今回、発表となった「ポルシェ911 タルガ4S ヘリテージデザインエディション」では、とくに1950年代から1960年代初頭のデザインをオマージュ、エクステリアではヘッドライトの上に伸びる槍型グラフィックが特徴的だ。これはポルシェモータースポーツの黎明期を想起させるもの。ボディカラーは写真のチェリーメタリックの他、4色が用意される。

インテリアではシートとドアトリムにコーデュロイを使うなど、ポルシェ356の素材への回帰が見られ、これは「1950年代の時代精神と流行の復活を意味」するとのことだ。また、ボルドーレッドとキャメルのツートンレザーインテリアはハイクオリティで時代を超えたラグジュアリームードを演出している。

また、ポルシェデザインはこの限定モデルのオーナー専用高級腕時計、「クロノグラフ911タルガ4S ヘリテージデザインエディション」を作成した。文字盤はスピードメーターとレブカウンターをベースにしたデザインで、このモデルを購入した者だけが手に入れる権利を得られるわけだ。

車両価格は2616万円でベース車であるタルガ4S(2060万円)にプラス556万円ということになるが、ポルシェファンであればそれだけの価値は十分にあると誰もが認めるだろう。

画像: 「ポルシェ911 タルガ4S ヘリテージデザインエディション」。“最新のポルシェが最良のポルシェ”と言わしめる一方で、ヘリテージにこだわるのもまたポルシェの本質だ。

「ポルシェ911 タルガ4S ヘリテージデザインエディション」。“最新のポルシェが最良のポルシェ”と言わしめる一方で、ヘリテージにこだわるのもまたポルシェの本質だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.