タムロンは、フルサイズミラーレス対応ソニーEマウント用高倍率ズームレンズ、28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD(Model A071)を2020年6月25日に発売する。価格は9万円(税別)。

28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDは光学7.1倍のフルサイズミラーレス用高倍率ズームレンズ。高倍率としては初めて、広角端28mmで開放F2.8の明るさを実現している。全長11.7cm、最大径φ74mm、重さ575gの小型・軽量を達成。部品点数も少なく、軽量で、強度も保つことができたという。
モデル名のModel A071は高倍率ズームの先駆である1992年に発売になったコンパクトで当時世界最大7.1倍の高倍率ズーム「AF 28-200mm F/3.8-5.6Aspherical(Model 71D)」の「71」のモデル名を冠したとしたという。

画像: 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)

28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)

レンズ構成は14群18枚で、ガラスモールド非球面や複合非球面レンズ、XLDレンズ、LDレンズといった特殊硝材レンズを贅沢かつ適切に配置することで、色収差をはじめとした諸収差を効果的に抑制し、高い解像力を実現している。また、反射防止効果の高いBBARコーティングが、ゴースト・フレアの発生を効率よく抑え、クリアでヌケの良い描写となっている。歪曲収差や周辺光量はカメラ側の補正機能を活用し、ズーム全域で画面の中心から周辺まで均一な高画質を達成している。タムロンがもつ高倍率ズームのノウハウのすべてを注ぎ込んだ結果、既存の高倍率ズームとは一線を画す描写性能を実現している。

画像: 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDのレンズ構成図

28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDのレンズ構成図

また、高倍率ズームとしては優れた近接撮影性能を実現しており、28mmでは最短撮影距離19cm、最大撮影倍率1:3.1の接写が可能。開放F2.8を生かした被写体を大きく、背景をボカした世界を楽しむことができる。また望遠端では、最短撮影距離80cm、最大撮影倍率1:3.8と、より背景を大きくボかした撮影が可能。

AF駆動にはレンズ位置を高精度に検出するセンサーと、AF制御に最適化されたステッピングモーターユニットRXDを搭載。非常に高速かつ精密なAF動作を実現し、被写体が動き続ける動体撮影や動画撮影でも、的確にピントを合わせることができる。静粛性にも優れ、動画撮影時にレンズの駆動音が記録されにくい。

レンズ鏡筒の可動部や接合部など主要な箇所には防滴用のシーリングを配し、レンズ内部に水が侵入しにくい簡易防滴構造となっている。また、レンズ最前面には撥水性・撥油性に優れたフッ素化合物による防汚コートを搭載。水滴、手の脂などの汚れが拭き取りやすく、メンテナンスが容易。ズームロック機構を採用し、携帯時の自重落下を防ぐ。

カメラの主な機能にも対応
・ファストハイブリットAF
・瞳AF
・ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)
・カメラ内レンズ補正(周辺光量、倍率色収差、歪曲収差)
・カメラによるレンズ本体ファームウェアアップデート

画像: レンズ正面とマウント面

レンズ正面とマウント面

画像: 28mm時のMTF曲線

28mm時のMTF曲線

画像: 200mm時のMTF曲線

200mm時のMTF曲線

28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)

焦点距離:28-200mm
画角(対角画角):75°23'-12°21' <35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ使用時>
レンズ構成:14群18枚
最短撮影距離:19cm (WIDE)/80cm(TELE)
最大撮影倍率:1:3.1 (WIDE) / 1:3.8 (TELE)
フィルター径:φ67mm
最大径:φ74mm
長さ:117mm
質量:575g
絞り羽根:7枚 (円形絞り)
最小絞り:F16-32
対応マウント:ソニーE マウント用
価格:9万円(税別)
発売:2020年6月25日

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.