2020年7月31日から8月1日に開催を予定されていた「2020第37回日向ひょっとこ夏祭り」が、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となりました。
日向ひょっとこ夏祭りは、毎年8月の第1土曜日に開催される宮崎の夏の大イベントとして知られています。県内外から集まった2千人以上の踊り手たちが、ひょうきんなお面に赤い着物で街中を赤に染める本祭りのパレードはまさに圧巻。「テンテコテン」のリズミカルなお囃子にコミカルな踊りを披露し、たくさんの観客を笑いの渦に巻き込みます。本祭り、前夜祭ともにたくさんの出店やステージイベント、ひょっとこグッズの販売が行われます。本祭りでのパレードは、18時ごろからJR日向市駅前交流広場・中心市街地であり、前夜祭ではひょっとこ踊りの個人戦や模範演技などの催しもあります。詳細は日向ひょっとこ夏祭りのHPにて確認できます。 
来年の祭りは、1年間の助走期間を経て、パワーアップして開催とのことなので、是非行ってみてはどうだろう。
画像: 「日向ひょっとこ夏祭り」の一番の見どころであるパレード。たくさんの踊り手が街中を練り歩く。

「日向ひょっとこ夏祭り」の一番の見どころであるパレード。たくさんの踊り手が街中を練り歩く。

画像: 踊り手は子どもから大人まで幅広く参加が可能。

踊り手は子どもから大人まで幅広く参加が可能。

画像: ステージではひょっとこの踊りの模範演技や、個人戦などが行われる。

ステージではひょっとこの踊りの模範演技や、個人戦などが行われる。

画像: JR日向市駅

JR日向市駅

画像: 祭りの会場となる日向市駅前広場。日向市駅は独特の建築様式が世界で高い評価を受け、「ブルネルアワード2008」では最優秀賞を受賞している。

祭りの会場となる日向市駅前広場。日向市駅は独特の建築様式が世界で高い評価を受け、「ブルネルアワード2008」では最優秀賞を受賞している。

他にもたくさんの観光地や撮影スポットがあります

画像1: 他にもたくさんの観光地や撮影スポットがあります

日向岬「馬ヶ背」
日向岬にある「馬ヶ背」は日向ひょっとこ夏祭りの開催地である日向市の代表的なビュースポット。

画像2: 他にもたくさんの観光地や撮影スポットがあります

美々津の町並み
日向市の「美々津」は伝統的建造物が残っており、古い町並みを味わうことができる。

画像3: 他にもたくさんの観光地や撮影スポットがあります

「願いが叶うクルスの海」
日向岬にある「願いが叶うクルスの海」は、波に削り取られた岩礁が十字を形作り、近くの小島と合わせると「叶」という文字に見えることから、ここで祈りを捧げると願いが叶うと言われているパワースポット。

画像4: 他にもたくさんの観光地や撮影スポットがあります
画像5: 他にもたくさんの観光地や撮影スポットがあります

大御神社
ラグビーの日本代表が必勝祈願に訪れた「大御神社」。ご利益はもちろん、ライトアップ時には夜景を楽しむこともできる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.