2020年6月2日、トヨタはGRヤリス 日本仕様の全ラインアップを発表した。発売は2020年9月ごろが予定されている。

1.5L+ダイレクト シフト-CVTを搭載した「RS」も設定

GRヤリスは、トヨタのコンパクトカーであるヤリスをベースにしたスポーツモデルだ。2020年の東京オートサロンで「RZ ファーストエディション」と「RZ ハイパフォーマンス ファーストエディション」が発表され、Web限定で先行予約が行われた。2020年6月現在、日本と欧州で約6000台の先行予約があるという。

トヨタ GAZOO レーシング WRT(ワールド ラリー チーム)に学んだ「WRCで競争力のあるクルマづくり」や、開発初期から社外のプロドライバーによる評価で、世界のあらゆる道で思いどおりに走れ、「誰もが安心して意のままに運転できる」クルマとして、GRヤリスは誕生した。

アッパーボディではエンジンフード、バックドア、ドアパネルにアルミニウム素材を採用し、ルーフパネルにはSMC(シート モールディング コンパウンド)工法で成形されたCFRP素材を採用。ボディ形状は3ドアとし、軽量化を図りながら優れた空力性能も示している。前後のサスペンション セッティングも最適化されている。

今回、日本仕様は先に発表されたRZ(とRZ ハイパフォーマンス)に加え、研ぎ澄まされた走りを気軽に楽しめる「RS」と競技ベース用の「RC」が設定された。

RZ:卓越した走行安定性、圧倒的な加速と気持ちの良いエンジン回転数の伸びを体感できる高出力モデル

画像: RZ ハイパフォーマンス(写真はファーストエディション)

RZ ハイパフォーマンス(写真はファーストエディション)

◎RZの特長
●新開発の小型軽量ハイパワーの1.6L 直3直噴ターボエンジンを搭載
●多板クラッチ式の前後駆動力可変システムを採用した新開発スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」
●6速MTにインテリジェント トランスミッションの「iMT」を採用
●BBS製の鍛造アルミホイールを装着(ハイパフォーマンスのみ)
●ミシュラン パイロットスポーツ 4S ラジアルタイヤ(ハイパフォーマンスのみ)
●前後トルセンLSD(ハイパフォーマンスのみ)

RS:GRの研ぎ澄まされた走りを気軽に楽しめるモデル

画像: RS(プロトタイプ)

RS(プロトタイプ)

◎RSの特長
●1.5L 直3 ダイナミックフォースエンジンを搭載
●ミッションは発進ギヤ付きのダイレクト シフト-CVT
●マニュアル感覚の操作が楽しめる10速シーケンシャルシフトマチックのパドルシフト

RC:競技ベース用モデル

◎RCの特徴
●RZと同様のターボエンジンとスポーツ4WDシステム、iMTを搭載
●ディスプレイオーディオなど、走りに必要な装備以外は極力排除した軽量モデル(RZより30kg軽い1250kg)

発売は2020年9月ごろを予定しているため、今のところ価格は未定だ。

なお、前述のWebで先行予約している限定モデルのRZ ハイパフォーマンス ファーストエディションとRZ ファーストエディションの受付期間は、6月30日(火)までとなっている。先行予約限定モデルにはマットブラック塗装が用意されており、今回「マーブル柄カーボンルーフ」と「エモーショナルカラー プレミアムスポーツシート」がメーカーオプション設定された。また、「モリゾウサイン」が入ったウインドシールドが特別装備される。

画像: RZ ファーストエディションのマーブル柄カーボンルーフ

RZ ファーストエディションのマーブル柄カーボンルーフ

車両の詳細や先行予約に関しては、GRヤリスのWebサイトを参照されたい。

GRヤリス RZ ハイパフォーマンス 主要諸元

●全長×全幅×全高:3995×1805×1455mm
●ホイールベース:2560mm
●車両重量:1280kg
●エンジン種類:直3 DOHCターボ
●排気量:1618cc
●最高出力:200kW<272ps>
●最大トルク:370Nm<37.7kgm>
●駆動方式:フロント横置き4WD
●トランスミッション:6速MT(iMT)
●タイヤサイズ:225/40ZR18

GRヤリス RS 主要諸元

●全長×全幅×全高:3995×1805×1455mm
●ホイールベース:2560mm
●車両重量:1130kg
●エンジン種類:直3 DOHC
●排気量:1490cc
●最高出力:88kW<120ps>
●最大トルク:145Nm<14.8kgm>
●駆動方式:横置FF
●トランスミッション:CVT(10速シーケンシャルシフトマチック付)
●タイヤサイズ:225/40R18

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.