2020年6月1日、ダイハツ工業(以下ダイハツ)は、コンパクトSUVの「ロッキー」を一部改良して発売すると発表した。

プレミアム にモノトーンカラーを新設定

ロッキーは、ダイハツのコンパクトSUVだ。ダイハツの新世代クルマづくりである「DNGA(ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャー)」による第2弾商品(第1弾はスーパーハイト軽ワゴンのタント)として、2019年の東京モーターショーに参考出品されて注目を集め、満を持して同年11月に発売された。同時に、トヨタからは姉妹車の「ライズ」が発売されている。

ロッキーは、5ナンバーサイズに収まるコンパクトな外観ながら、室内は広くラゲッジスペースも大容量。パワーユニットは1.0Lの直3ターボエンジンにスプリットギヤ付きCVTを組み合わせ、駆動方式は2WD(FF)と4WDを設定している。

画像: ロッキー プレミアム(ボディカラーは、コンパーノレッド)。

ロッキー プレミアム(ボディカラーは、コンパーノレッド)。

今回の一部改良では、最上級グレードである「Premium(プレミアム)」に、モノトーンのカラーバリエーションを追加設定した。今まではプレミアムでは2トーンのカラーバリエーションしか選択できなかったのだが、Gグレード同様にモノトーンを標準とし、2トーンはメーカーオプション(税込5万5000〜7万7000円)へと変更された。

車両価格(税込)は、以下のとおり。

プレミアム(2WD/4WD):214万5000円/236万7200円
G(2WD/4WD):200万2000円/222万4200円
X(2WD/4WD):184万8000円/208万6700円
L(2WD/4WD):170万5000円/194万4800円

プレミアムが5万5000円プライスダウンされたが、他のグレードの価格は変わっていない。

また、パワートレーンのスペックや安全&快適装備などにも変更はない。全グレードに予防安全機能のスマートアシストが標準装備されている。

画像: トップグレードのプレミアムでも、2トーンのボディカラーはオプションとなった(写真のボディカラーは、ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール)。

トップグレードのプレミアムでも、2トーンのボディカラーはオプションとなった(写真のボディカラーは、ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール)。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.