ロシア発の異星人侵略SF映画『ワールドエンド』の日本公開日が2020年6月12日(金)に決定、合わせてポスターと予告編が解禁となった。
画像: 【予告】ワールドエンド www.youtube.com

【予告】ワールドエンド

www.youtube.com
画像1: 「生存者は0.5%だけ」ロシア発侵略SF映画の迫力予告が公開
画像2: 「生存者は0.5%だけ」ロシア発侵略SF映画の迫力予告が公開

「アベンジャーズ」×「バーフバリ」×「T-34」の精鋭スタッフが結集

本作は「インデペンデンス・デイ」や「宇宙戦争」などハリウッド作品にも負けないクオリティを誇るロシアン・エンタメ映画から登場した、“異星人侵略SF”大作。

監督は、ロシアで3部作すべてが国内興収初登場1位を記録した「魔界探偵ゴーゴリ」シリーズで、新たなるヒット・メーカーとして大注目のイゴール・バラノフ。

注目は全編の実に70%におよぶVFX映像を手がけた製作チームで、ロシア・エンタメが全世界に注目された伝説の「ナイト・ウォッチ」「デイ・ウォッチ」から、近年のロシア映画ヒット作「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」「ガーディアンズ」「アトラクション/制圧」「メトロ42」、インド映画「バーフバリ」「サーホー」、ハリウッド大作「アベンジャーズ」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズに参加したスタッフまで、まさに最精鋭スタッフが集結している。 

今回解禁された予告編は「終末は突然訪れた」という衝撃的なメッセージから始まる。そして物々しい装甲車などの不穏な情勢を漂わせる映像と「生存者は0.5%だけ」「いつも不安を感じていたが今は絶望を感じてる」といった終末世界を思わせるセリフがが次々と映し出されていく。

さらに「世界は闇に包まれた」という言葉とともに、全世界で電力が喪失するブラック・アウトが発生し、世界中の通信が途絶した状況に。異変は宇宙空間から飛来した放射線によるもので、月の陰になっていたモスクワを含むロシア西部と周辺国だけが、「生存サークル」として被害を免れたらしい。やがて20万年におよぶエイリアンの陰謀が明らかになり、壮絶な決戦の幕が開くことになる。

映像の最後に映し出されるのは「地球はヤツらの物になる」という言葉。果たして地球はどうなってしまうのか!? 世界最高峰のVFXチームによる迫力の戦闘シーンの連続に手に汗握る映像となっている。

ワールドエンド
2020年6月12日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷・アップリンク吉祥寺・イオンシネマ板橋ほか全国のイオンシネマにて公開
配給:アルバトロス・フィルム
©️«TNT Network»JSC, 2019

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.