いま125ccの原付二種モデルが大人気! 誰にでも扱いやすくコンパクトで、維持費や保険もリーズナブル、二段階右折や車検も不要で、クルマと同じ法定速度で乗れる。そんな、最高の相棒になってくれる2020年の最新125モデルを日替わりでご紹介!

KTM「RC125」

画像1: オレンジ

オレンジ

KTMのライトウェイト・スーパースポーツ、RCシリーズの最小排気量モデル。

MOTO3レーサーを思わせるレーシーなフルカウルをまとい、スリムで軽量な車体を強力な125ccエンジンが力強く加速させる。

このDOHC水冷単気筒エンジンなど主要コンポーネンツには125デュークと共通の部分も多いが、バーハンドルだったデュークと異なり低いセパレートハンドルを装着してライディングポジションが大きく変わるなどスタイリング以外の変更点も多く、スーパースポーツらしいシャープなハンドリングを味わえる。

125デュークと同様にほぼ共通の車体で排気量の大きな兄貴分であるRC390/250も存在する。

全長×全幅×全高:--
ホイールベース:1355mm
シート高:820mm
車両重量:148kg(半乾燥)
車両価格:54万5000円

<SPECIFICATION>

①水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 ②124.7cc ③58×47.2mm ④12.8 ⑤15PS/9500rpm ⑥1.2kg-m/8000rpm ⑦フューエルインジェクション ⑧9.5L ⑨66.5° ⑩NA ⑪6速リターン ⑫ディスク・ディスク ⑬110/70ZR17・150/60ZR17

諸元項目:①エンジン形式 ②総排気量 ③ボア×ストローク ④圧縮比 ⑤最高出力 ⑥最大トルク ⑦燃料供給方式 ⑧燃料タンク容量 ⑨キャスター角 ⑩トレール量 ⑪変速機形式 ⑫ブレーキ形式 前・後 ⑬タイヤサイズ 前・後

<カラーバリエーション>

画像2: オレンジ

オレンジ

最新の125ccバイクを徹底網羅! 今買える原付二種MOOKはこちら

価格は本体1,200円+税
オンライン書店でもお買い求めいただけます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.