2020年5月29日、ホンダはハイブリッド車のインサイトをマイナーチェンジして発売した。車両価格(税込)は、335万5500円〜372万9000円だ。

新グレード追加や専用装備の設定

インサイトはホンダのハイブリッド専用車だ。初代は1999年に発表され、現行型は2018年に発表された3代目にあたる。インサイトという車名は共通だが、初代は3ドアのファストバッククーペ、2009年に発表された2代目は5ドアハッチバック、そして現行型は4ドアクーペ風のセダンと、スタイルはいずれも異なり、また代が替わるごとにサイズもアップしている。共通しているのはすべてパワートレーンにハイブリッドを採用しているということだ。

さて、今回のマイナーチェンジでは、デザインや走り、使い勝手の良さといったインサイトの美点はそのままに、まず新グレードの「EX PRIME STYLE(プライムスタイル)」が追加された。アイボリー基調のインテリアで華やかさを強調し、エクステリアはトランクスポイラーのないトランクリッドのスタイルで、より引き締まったスタイリングを表現している。

画像: 新グレードのEX プライムスタイル。

新グレードのEX プライムスタイル。

■EX プライムスタイルの専用装備

●アイボリー×グリーン コンビシート(本革×ウルトラスエード)
 ※シートの一部には合成皮革を使用
●専用インテリア(アイボリー)
●専用フロントグリル(ダーククロームメッキ)
●専用リアバンパーロアーガーニッシュ(ダーククロームメッキ)
●17インチ アルミホイール(アルミ切削+グレークリア塗装)

画像: EX プライムスタイルのインテリア。

EX プライムスタイルのインテリア。

また、上級グレードのEX BLACK STYLE(ブラックスタイル:タイトル画像のクルマ)では、アルミホイールを17インチから18インチにサイズアップ、ステンレス製スポーツペダルの採用、プレミアムクリスタルブルー メタリックとプレミアムクリスタルレッド メタリックのボディカラーではインテリアにボディカラーに合わせたステッチカラーを採用するなど、質感の向上が図られている。

車両価格(税込)は、以下のとおり。

LX:335万5500円
EX:356万4000円
EX(レザーシート仕様):372万9000円
EX プライムスタイル:368万5000円
EX ブラックスタイル:372万9000円

いずれも、パワートレーンは1.5L DOHC i-VTEC+e:HEVのハイブリッド、トランスミッションは電気式無段変速機、駆動方式はFFのみ。なお、パワートレーンのスペックなどに変更はないが、インサイトでも新型フィット同様に2モーターのハイブリッドシステムをe:HEVと呼称するになった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.